藤田美術館展〜奈良国立博物館

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 奈良の国立博物館で開催中の「藤田美術館展」へ行きました。

 

                   

 

 改装工事中の大阪の藤田美術館は、明治時代の実業家である藤田傳三郎、長男の平太郎、次男徳次郎が集めた美術品を所蔵している美術館です。

 

 以前行った時には、ごく一部だけしか見られなかったので、この企画はとてもありがたいものです。

 

 滋賀県のミホミュージアムでは、先月、大徳寺龍虎院の曜変天目茶碗を見ることができました。

 

                   

 

 今回は世界に三碗しか現存しない曜変天目茶碗のもう一つを見ることができます。

 

                   

 

                   

 

 長い行列を覚悟していったのですが、たまたますいている時間帯だったのか、10分も待たずに見ることが出来ました。

 

 茶碗の中に宇宙がある、と称される曜変天目茶碗。

 

                   

 

 まさに、奇跡の神秘的な美しさ。引き込まれていきそうになります。息を止めて見つめてしまいます。

 

 約八百年前に奇跡的に誕生したというこの曜変天目茶碗は、まだまだ謎が多く、科学的な分析研究もされているようです。

 

 多くの人が引きつけられた曜変天目茶碗を、続けて見られて幸せな時間でした。

 

 藤田氏が「国の宝」として集めただけに他にも素晴らしいものがたくさんありました。

 

 古銅角木花入、とその盆もきりりと美しいものでした。

 

                   

 

 千利休が見て驚いた、と書いた書状が隣に展示してありました。

 

                

 

 絵巻物、仏像、仏具、装束、どれも素晴らしいコレクションでしたが、特に印象に残ったのが、小さな辻が花の裂地でした。

 

                    

 

 とても繊細で、絞り染も墨描きもとても美しく、これが着物の形で残っていれば縞に染められたモダンさと相まってどんなに素敵な着物だったろうかと思いました。

 

 

 見ごたえのある展示に大満足の休日でした。

 

 藤田美術館が新しくなったら、また、訪れてみたいと思います 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


ミホミュージアム〜曜変天目

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 ミホミュージアムへ「大徳寺 龍光院 国宝 曜変天目と破草鞋」を観に行きました。

 

 事前に混んでると聞いていたので、オープンの10時前に行くことにしました。

 

 高速道路も混んでいて、下りてからも結構、交通量は多かったです。

 

 5台ほど連なって走っていた車のほとんどが、ミホミュージアムに入っていきます。

 

 駐車場に置けるか心配しましたが、なんと4階建ての立体駐車場ができていました。

 

              

 

 美術館に向かう道も、一杯の人です。

 

                  

 

 混んでるとは聞いていましたが、山の中の美術館に朝からこんなに人がいるとは、驚きました。

 

 気温も低く、トンネルの中は寒いほどです。

 

                  

 

 中に入って、さらにびっくり!

 

                  

 

 展示室に入るまで、1時間かかりました。

 

 曜変天目は、15人ずつ1分交代で拝観します。ゆっくり回りながら見ると、コバルト色の変化が楽しめます。一周まわると

ちょうど1分ぐらいで交代です。

 

 他の展示も、龍光院の歴史や取り巻く人々について、改めて勉強になりました。帰って図録で復習したいと思います。

 

 しかし、これほどの関心があるとは、驚きました。奈良国立博物館と曜変天目のはしごをしようと思いましたが、出直すことにしました。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


京都鉄道博物館

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

下の孫の博物館デビュー、上の孫も鉄道好きで何度もきていますが、下の孫は初めてで、それ以上鉄道好きです。

 

                  

 

今回はJR四国の瀬戸大橋アンパントロッコが実物展示されて孫たちも大喜びです。

 

                  

 

この列車の床は透明な床、実際瀬戸大橋を渡る時は!

 

                  


車内では全てアンパンマンのグッズが、その一角に記念撮影用スペースがありパチリ!

 

                  

 

SL乗車後大好きな汽車をバックで記念撮影でしたが、ポーズが決まらず決まったら汽車は遠くに!

 

                  

 

天気が良くて暖かく楽しい一日でした。

 

次回はアンパンマン列車に乗りたいそうです。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


顔真卿展

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 木村葉子です。

 

 東京での仕事が終わり、翌日は朝早くから上野の、東京国立博物館へ行きました。

 

 顔真卿展です。 

 

               

 

 1時間前に着いたのですがすでに行列が。

 

               

 

 王羲之を超えた名筆と添えられています。

 

 続々と人が集まってきました。

 

               

 

 中には日本人でなく中国人、台湾人と思われる人たちもたくさん並んでいました。

 

 今回は、台湾の故宮博物院からの初出品の、「祭姪文稿」(さいてつぶんこう)が、1番の見どころです。

 

 そこには、別の行列ができて何十分待ちという表示が出ています。

 

 これは、顔真卿が、安史の乱で非業の死を遂げた従兄弟の顔杲卿(がんこうけい)とその末子を悼んだ祭文の草稿です。

 

               

 

 初めは冷静にと、書き始めているのですが、後の方は感情がたかぶり、訂正も多く、泣きながら書いたのではないかとと思われます。

 

                               

 

 行列の初めの方だったので、あまり待たずに見ることができましたが、「止まらないで、進みながら見てください」ということで、じっくりと見ることはできませんでした。

 

 図録で我慢。

 

 その後でまた最初からの展示を見て行きました。

 

 甲骨文字から始まり、中国の文字の歴史を辿るように進み、王羲之に辿り着きます。

 

 そのあと、いよいよ顔真卿に。

 

 美しい楷書です。

 

               

 

 若い時の文字は初々しく、とても真面目な性格が伝わります。

 

 迫力のある逍遥楼の文字も。

 

                  

 

 楷書だけでなく行書草書と混ざったものもあります。

 

                  

 

 とめ、はね、はらい、筆の動きに、息づかいを感じます。

 

 今回、隠れた名品に「五馬図巻」というのもありました。

 

                  

 

 中国から日本へ持主も転々として行方不明になっていた時もあったそうです。

 

 会場内で一箇所だけ、撮影OKのところがありました。

 

              

 

 13メートルの高さがある石碑の拓本です。

 

 こんな大きな拓本は初めて見ました。紙の厚みも大きさも考えると、拓本を取るのがどんなに大変かと想像してみて、本当に驚かされました。

 

 書の変遷が、系統立ててまとめられていて、しかも名品がそこにあるので、とても有意義で、理解の進んだ時間でした。

 

 外に出るとまだまだ行列。

 

 こんなに人気があるのか、と書の力を再認識した展覧会でした。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


世紀末ウイーンのグラフィック

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 京都近代美術館で始まった「世紀末ウィーンのグラフィック」展を見に行きました。

 

                

 

 京都近代美術館が一括購入したコレクションのお披露目です。

 

                   

 

                   

 

 大きなものは彫刻や家具などありましたが、ほとんどがサイズの小さな絵葉書や版画、書籍、挿絵の原画で、生活に身近なデザインを色々と見ることができました。

 

                   

 

 特に版画作品が多く、日本の浮世絵の影響を見て取れるものがあり、和紙もよく使われていたり、構図や多色刷りのぼかし加減など、おもしろいものがたくさんありました。

 

                   

 

                   

 

 また、世紀末ウィーンと言えばクリムト!

 

 クリムトのクロッキーが貴重です。

 

                   

 

 作品を見るのも好きですが、そこに至るまでの積み上げられていく「習作」に、とても興味があります。

 

 さらりと描かれたクロッキーにこそ技量が現れます。

 

 好きなエゴンシーレのも少しありました。

 

                   

 

 ポスターやカレンダー、絵本の挿絵、どれもノスタルジックでもあり、モダンでもあり、グラフィックデザインは、帯のデザインにもとても勉強になります。

 

                  

 

                    

 

 思ったより、見応えのある展覧会でした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


ミラクルエッシャー展

JUGEMテーマ:美術館

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

あべのハルカス美術館でのミラクルエッシャー展に行きました。

入口から行列で、中も並んで見ていました。

ちょっとマニアックな世界だと思っていたのでその人気に驚きました。

 

 

不可能建築やだまし絵的要素の作品は教科書にも載ってるので、知名度は高いですね。

でも今回初めて彼の作品を多く見ましたが、不可能建築はかなり成熟期であり、

それ以前の、風景画やメタモルフォーゼの片鱗が見える時期にこそエッシャーの面白さがありました。

 

 

風景画においては、版画の技術がとてつもないし、

メタモルフォーゼにも発展していくデザイン性の高さ、発想力、

一貫して存在する内包された闇・・・比例して感じる天才性。

どの作品も引き込まれる魅力満載でした。

 

 

1930年代にこんなに完成されたデザインがあったのかと驚きです。

作品のキャプションを見ても当時売れっ子だっただろうなと思います。

 

 

だまし絵だけには留まらないエッシャーの世界にどっぷり浸かれます。

 

http://www.escher.jp/osaka.html

https://bijutsutecho.com/magazine/insight/18015

ちゃっかり新世界にも寄って大阪名物を堪能して帰りました。

 

 

大阪の串カツは衣が甘めですね。

 

ミックスジュース発祥の店

千成屋珈琲

牛乳は入ってませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


舟田潤子×近鉄アートワーク

JUGEMテーマ:美術館

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

京都出身の銅版画作家、舟田潤子さんが近鉄百貨店のクリスマスフェアのアートワークを手掛けました。

https://www.d-kintetsu.co.jp/store/promo/2018christmasfair/

あべのハルカス近鉄本店の画廊で個展、広場でトークイベントがあったので行きました。

◎本店(あべのハルカス)
 個展[タワー館 11階]
アートギャラリー
 12月5日(水)→11日(火)
※最終日は午後5時で閉場。

 

近鉄本店の入口自動ドアも

装飾されています🎄

クリスマスの

ギフトカタログ

http://www.candy-circus.com/index.html

舟田潤子さんは「Candy Circus」キャンディサーカスというテーマで製作していますが、

今回の装飾は「キャンディナイトクリスマス」と名付け、

星降る夜にキャンディが降ってきて、楽しいクリスマスが演出されるという物語が込められた作品になっています。

彼女の作品はいつももう少し明るいポップな色合いなのですが、今回は近鉄の紙袋にもなるので

老若男女問わず皆に親しんでもらいたいという想いから、ネイビーを多く使って男性も抵抗なく持てるようにしたそうです。

 

トークイベントでは京都のアトリエでの制作風景や、

使う道具、作品の変遷などを聞きました。

11階の個展会場も盛況でした。

8階子供服売り場では、子供の遊ぶスペースにも装飾がありました。

 

最近ではホテルのアートワークに加えて、

西陣織や唐紙とのコラボレーション企画も積極的に行っています。

彼女とは大学時代の同期です。

大変な事も多い中、一人でずっと制作と発表を続けています。

 

同期の活躍は励みになりますね(^^

 

 

 

 

 

 


第70回正倉院展

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 第70回正倉院展にやっと行けました。https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2018toku/shosoin/2018shosoin_index.html

 

 

 

              

 

 最近の正倉院展は、出陳数が少なく、パネル展示も多く、物足りなさを感じていました。

 

                  

 

 今回は、第70回ということもあるのか、初出陳10点を含む、56件もの宝物が出陳されています。

 

                  

 

 希少な素材を惜しげもなく使い、贅をつくした工芸品の数々に、嘆息します。

 

 紅葉の始まった、奈良の風景と相まって、満ち足りた気分になりました。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


アメリカ古代文明―超自然へのまなざし ミホミュージアム

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 ミホミュージアムへ秋季特別展の最終日に行くことが出来ました。

 

                  

 

 いい天気で、大勢の観覧者が来場されていました。

 

                  

 

 日差しが強くて、暑かったですが、トンネルの中は涼しくて、快適でした。

 

 入り口横の傘立ては、京都の老舗旅館「柊屋」の新館を手掛けられた、道田淳氏が設計されたものです。

 

 ミホミュージアムの設計にかかわられて、一番苦労されたのは?と問われた道田氏が、「傘立てです。」と言われたとか(笑)

 

                  

 

 特別展は、コロンブスの新大陸発見の前に一万数千年に及ぶ、人々の営みにスポットを当てたもので、彼らは厳密な暦を発展させ、宇宙と自然の循環に沿った文明を作り上げていました。

 

 西欧文明に席巻されて、忘れられがちな文明ですが、もっと知りたくなりました。

 

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


国立民族学博物館

JUGEMテーマ:美術館

西村です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

大阪日本民芸館へ、「民藝のバスケタリー」を見に初日に行ったのですが、

台風21号の被害で窓が割れてしまったそうで開館が延期になっていました。

 

HPで確認しなかったのが悪かったですが、

民族学博物館の方と万博公園を無料開放していると案内してもらい、入りました。

 

 

太陽の塔の足元の大木は派手に折れていました。

改めて大阪の被害の大きさを見ました。

民博の方も一部開放で、3分の2は閉鎖されていました。

 

民博にあった、原始的な機の模型。

 

 

腰機(こしばた)と呼ばれる島国などで多く分布した織り方。

今でも東南アジアで見られるそう。

高機と違って省スペースで織れるのが特徴。

 

 

こちらは長く織れる腰機、

手越しで、筬で直接織っています。

踏み木もしっかりあるし、

原始的ですが、今のすくい機の原型です。

 

民芸館や博物館などで、古い機を見る機会があると長い時間見入ってしまいます。

古から人々は、布を織って暮らしてきた歴史の一部に自分が居ることを再確認します。

 

西陣織の機材などは時代に取り残されたガラパゴス状態とよく言われますが、

この頃から考えたらその発展は頭打ちかもしれません。

 

 

 

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM