南紀白浜エアショー

JUGEMテーマ:旅行

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

和歌山県の白良浜へ行ってきました。

目的はこれ。

室屋義秀さんのエアショー。

開始10分前、南紀白浜空港上空を室屋さん操縦する飛行機が小さく見え、

得意の飛行技がアナウンスと同時に披露されました。

その後、機体はいったん視界から消え・・・。

 

白良浜南東の沖からEXTRA300SCが迫力あるエンジン音とともに登場。

浜へ向かって飛んでくるのが、とてもかっこよかったです。

 

 

機体は急上昇、急降下、回転を繰り返し。初めて見るエアショーにくぎづけになりました。

機体のEXTRA300SCは回転や旋回すると太陽の光で虹色にキラッと光り、綺麗でした。

これはまた見てみたいと思いました。


南郷水産センター

JUGEMテーマ:山行記録

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

少し前に、南郷水産センターに行きました。

なにやら面白い施設だそうで、滋賀の人にどんなとこか聞いたら、

全員が「あー。パラダイスな。」と言いました。

 

近くなので立木観音にお参りしてから。

 

程よく寂れた雰囲気のある入口。

 

入口で、麩が売ってたので買いました。

 

この麩を魚がバリバリ食べるからやってみて!と駐車場で勧められていたので試しに。

 

 

入ってしばらく行くと養魚の池があり、たくさんの大きな草魚やアオウオ、ハクレンなど

中国四大家魚と呼ばれる巨大魚がひしめき合って人のやる麩に群がっています。

 

 

迫力が、、、凄まじいです。

 

でも不思議な感触で、怖いけど楽しい、地味な興奮があります。

 

奥には鯉の池もあります。

ここの鯉も人が来るとすごい量が寄ってきます。

えさは持込みしても良いので、パンなどをあげてみると、ますます群がってきます。

 

 

陸に上がって来そうな鯉たち。

 

他にも釣り堀やバーベキュースペースもあるのですが、

この鯉と草魚の池から離れられないほどの引きがありました。

 

不気味楽しいパラダイスに行ってみてください

<゜)))彡 <゜)))彡 <゜)))彡 <゜)))彡 <゜)))彡

 

 

 

 

 

 

 

 

 


叶匠寿庵〜寿長生の郷(すないのさと)

JUGEMテーマ:グルメ

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 立木観音へ厄除けのおまいりをすませた後、一度行ってみたかった、叶匠寿庵 寿長生の郷へ行ってみました。http://www.sunainosato.com/

 

 雪の降った午前中なので、ほとんど人影がありません。

 

 そんな中で、梅が咲いていました。

 

                  

 

 総合案内所に立ち寄ると、あもとお茶を出していただけました。http://www.sunainosato.com/equip/house

 

                

 

                  

 

 苑内を散策すると、三徳苑http://www.sunainosato.com/equip/santokuの立派な建物がありました。

 

                

 

                   

 

 お菓子売場では、古い雛飾りがあり、そこを抜けると、広大な梅林があります。

 

               

 

 梅が咲くと、壮観でしょうね。それを想像してみるのも趣があります。

 

 そして、甘味処へhttp://www.sunainosato.com/equip/irori

 

               

 

                  

 

 囲炉裏茶房も貸切状態です。(笑)

 

 あんみつとぜんざいを注文しました。

 

                  

 

 天然の天草100%の寒天は、3種類です。

 

                  

 

 器やお盆もいいですね。

 

 おなかが落ち着いたところで、里山の上まで散策します。

 

                    

 

 途中で、山野草が売られていたりします。

 

 山頂からは、近くの集落が見えます。

 

                

 

                              

 

 

 もう一度、お菓子売場でお土産を買います。

 

 そして、パンも買います。http://www.sunainosato.com/noza/

 

                

 

                   

 

 あんバタやカレーパン、バゲットもおいしかったです。

 

                   

 

 まだ、花には早く、寒かったですが、そこかしこに春の訪れを感じさせる趣があり、かえって、満たされた気持ちになりました。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


尾鷲 九鬼漁港

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:持たない暮らし

JUGEMテーマ:名物グルメ

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

三重県尾鷲市はリアス式海岸と大台ケ原山系、

便石山、天狗倉山など海と山に囲まれた自然豊かな土地です。

 

日本一長い砂礫海岸である七里御浜が途切れて北に

賀田湾、尾鷲湾とありますが、その間に九鬼という小さな漁港があります。

 

 

人口はだんだん減少し空き家が増えているとのこと。

何年か前に、テレビの「人生の楽園」に九鬼で食堂を営むご夫婦が紹介されていてちょっと気になっていました。

https://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/backnumber/0005/

 

 

 

元喫茶店を、地域おこし協力隊の青年が食堂に生まれ変わらせ、

Uターン移住のご夫婦とご近所さんで切り盛りされています。

http://owase-uraura.com/work/trip_kuki/

 

土日のみ営業で美味しいお魚が食べられます。

 

 

九鬼は鰤が上がる漁港としても有名だそうです。

 

食堂のシンボル的な窓から浦を眺めながらゆっくりできます。

 

 

尾鷲のお寿司、べっこ。

甘い醤油たれで食べる郷土料理です。

 

 

お店の方が、

「近ごろは東京からの移住者も多くて、

最近女の人が越してきて古本屋をしているよ、

案内してあげる!」

 

と言ってくれたので付いていくことに。

 

 

九鬼漁港の前の細い路地を入って行きます。

 

 

廃墟になった家や住んでいるのか分からない家の脇を通り、階段を上っていくと、

九鬼神社の見えるところに一軒のお店がありました。

 

 

週末だけ開いている本屋さん。

トンガ坂文庫。

 

中は店主セレクトの新刊、古本がたくさん。

地元の方々からの寄贈本もあるそうです。

 

 

店主と猫と、静かに店を開けているといった感じでした。

 

https://otonamie.jp/?p=53366

 

京都にもこういった本屋さんは多いですが、

ここ九鬼は人口400ちょっとの小さな町です。

いくら頭をひねってもここでこの商売が成り立つとは思えませんが、

ネットもある時代、静かな漁村でのんびり過ごすのもひとつかな、と思い印象に残りました。

 

 

 

 

 

 

 

 


熊野那智大社

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:旅行

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

熊野那智大社へ行きました。

太平洋側の尾鷲あたりから熊野灘をのぞむこの辺りは気候も良くとても暖かいです。

真冬ですが17度とかで、体感は20度以上に感じます。

 

ヤシ系の木が生えてたり多肉植物の花が咲き乱れていたり。

山も青々としていて、降雨量も多いらしく南国の景色の様でした。

 

 

大門坂駐車場に車を停めて熊野古道を歩きます。

 

ふもとのお店で昔の人の装束をレンタル出来ます。

何人か着ていました。

画になりますね。

 

 

きつめの登りですが石畳で整備されています。

陰はひんやりしますが、登っていると汗をかきます。

 

那智の滝

 

この辺りは那智黒石と言って黒い岩石が採れるんですね。

那智黒飴の謎が解けました。

土産物でも多く売っていました。

 

道中の「道の駅 紀宝町ウミガメ公園」には、

ウミガメがたくさん飼育されていて無料で見れてエサやりなどもできます。

 

かなり大きいウミガメを間近で見られます。

小さい水族館みたいで楽しかったです。

 

 


常神半島と三方五湖レインボーライン

JUGEMテーマ:楽しい旅行★Happy Traveler

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 常神半島の神子へ、美味しい魚を求めて行ってきました。

 

                            

 

 付近の山々も色付いて、気持ちのいい、晩秋の一日を過ごせました。

 

 今回は、活魚自慢の漁師宿 竹中さんにお世話になりました。

 

                  

 

 夕食は、舟盛りです。

 

 アジとタイ

 

               

 

 舟からはみ出すほど、大きなヒラメ

 

               

 

 そして、シマアジ

 

               

 

 サワラの炙り

 

                  

 

 そして、透き通った、アオリイカ

 

                               

 あとは、カニやカレイの焼き物、カワハギの鍋、茶わん蒸し、モズクなどがあったのですが、すべてペロリ!

 

 宿の方も、驚かれていました。

 

 次の日は、漁港の朝市へ

 

                   

 

 水揚げされたばかりの、魚が購入できます。

 

                   

 

 ハマチ、サゴシ、カマス、イシモチなど数匹ずつ買っても、2,500円でした。

 

 そのあとは、レインボーラインでドライブです。

 

 10分ほどで、駐車場につき、リフトで山頂へ

 

               

 

 紅葉の最盛期で、海側も

 

               

 

 三方五湖も一望できます。

 

               

 

 天気が良すぎて、暑いくらいです。

 

               

 

 のんびりできた、ひと時でした。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 


水郷めぐりと街中散策〜近江八幡

JUGEMテーマ:旅行

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 秋晴れの休日、滋賀県近江八幡へ行きました。

 

 学生時代のサークル仲間と、年に一度の見学会です。

 

 今回は水郷巡り。

 

                   

 

 いいお天気でした。

 

 以前乗った船は、手漕ぎの小ぶりな船で、水の音と鳥の鳴き声だけが聞こえて、船頭さんの案内を静かに聞いた思い出がありますが、今回はエンジン付き、そして、すき焼きを食べながら、の水郷めぐり!

 

 水郷巡りを運営する会社が4社あるそうです。

 

 葦のしげる水郷のあちこちにサギや、鵜などの鳥がいました。

 

               

 

 美味しいお肉とお昼からのお酒でみんな上機嫌。

 

               

 

 ギター持参のHくんの、ビートルズメドレーも始まりました。

 

 景色も良いし、気分も良くて、みんな仕事の疲れがどこかに飛んで行った感じです。サイコー!

 

 船から降りて街中の散策です。

 

               

 

 街のボランティアガイドさんにお願いしたので、とても詳しい説明をしていただきました。

 

 近江八幡は、時代劇の似合う町として、市民ボランティアが時代劇で見るような着物姿で街を盛り上げています。

 

                   

 

 あちこちに侍や町娘、忍者もいます。

 

                   

 

 朝ドラや時代劇の撮影にも使われた八幡掘も、いい雰囲気。

 

                   

 

 一時期はこんなにきれいではなかったと聞きました。

 

 町中が協力して今の姿になったそうです。

 

 近江八幡は、ヴォーリズ氏の建築物も多く、和と洋がうまく溶け合った町で、見どころもたくさん。京都とはまた違う良さがあります。

 

 日牟礼八幡宮にお参りして、

 

                

 

 

                

 

 バウムクーヘンで有名なクラブハリエでコーヒータイム。

 

 中庭には秋の草花が咲き乱れていました。

 

                           

 

 来年はどこに行こう?という話で盛り上がり、楽しい1日が暮れて行きました。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


金沢・兼六園

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村美春です。

 

 石川県金沢の兼六園に行って来ました。http://www.pref.ishikawa.jp/siro-niwa/kenrokuen/

 

                   

 

 暑い日でしたが 沢山の方が来られていました。

 

 兼六園は、水戸偕楽園(かいらくえん)、岡山後楽園(こうらくえん)とならぶ日本三名園の一つです。

 

 兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園として、加賀歴代藩主により、長い歳月をかけて形づくられ、四季折々の美しさを楽しめる庭園です。

 

 兼六園といえば、この灯篭のある景色です。

 

                   

 

  雁行橋 11枚の赤戸室石を使って雁が列をなして飛んでいる様に作られています。

 

                   

 

 一枚一枚の石が亀甲の形をしているので別名 亀甲橋ともいうそうです。

 

  瓢池です。

 

               

 

 瓢箪の形をしているので瓢池というそうです。

 

 滝があるんですが翠滝と言い 安永三年(1774)につくられたものです。

 

  お昼は近江町市場へ行きました。

 

 お寿司屋さんは 何処も並んでいました。

 

                   

 

 並んで食べた海鮮丼は凄く美味しかったです。

 

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


大阪国際空港

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 製造部の俣野です。

 

 リニューアルした大阪国際空港に孫たちと一緒に飛行機を見に行ってきました。

 

                    

 

 空港は以前の面影は無いですが間近で見られて孫たちは興奮していました。

 

                    

 

 特に下の孫は水遊びと食事以外はずーと飛行機を見てばかりで歓声あげていました。

 

 また新しく出来た間欠の噴水広場では孫たちも大はしゃぎ、この日も暑かったですが気持ち良さそうに遊んでいました。

 

                    

 

                    

 

 お昼は同じデッキにあるカフェ、ダイニングでプレートランチをいただきました。

 

                  

 

 フリフリグリルチキンを  野菜もたっぷりでボリームあり美味しく頂きました。
 

 孫たちは今度は飛行機に乗って東京ディズニーランドに行きたいとの事です。

 

                  

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


松本民芸館

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:日常

JUGEMテーマ:持たない暮らし

西村です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

松本民芸館へ。

松本民芸館は、昭和37年(1962年)に、ちきりや工芸店の主人丸山太郎によって創館されました。

無名の職人たちの手仕事で日常品に美を見出した「民芸運動」に心を寄せた太郎は、

「美しいものが美しい」という言葉を残しています。

その審美眼によって蒐集されたおよそ6,800点の民芸品は、

今日も太郎の意志を引き継いで展示されています。

(松本市HPより)

「美しいものが美しい」

入ってすぐにある丸山太郎の言葉。

「説明があってものを見るより、無言で語りかけてくる物の持つ美を感じることの方が大切です」

この言葉に象徴されるように、展示物には説明はほとんど付いておらず、有名な作家のものも無名作者のものも海外のものも

一緒に置いてあります。

 

触るのはダメですが撮影も自由、300円で入れて人も少ないので

民藝品に囲まれて、暮らすようにゆっくりできます。

全国各地の手毬

民藝品はデザインや色が流行の影響をあまり受けていない部分が好きです。

生活に根付いたその土地の気候風土や民俗文化を感じることが出来ます。

この手毬はその地の乙女心が凝縮されたようなものばかり。

 

 

松本の織物の資料もありました。

織れた反物を巻き取る「ちきり」

丸山太郎が店主であった民芸品店の名も「ちきりや」です。

親近感が沸きました。

松本生まれの染色作家、三代澤本壽の手ぬぐい

(芹沢げ陲閥Δ乏萋亜

螺鈿の箱 丸山太郎作

卵殻貼柏盆 丸山太郎作

 

自身も作家であり、多くの民芸品、絵本なども遺しています。

世間的に名は知られていないかも知れませんがそれもまた丸山さんらしい、と思えます。

 

帯屋捨松の帯は西陣織の豪華絢爛なものもありますが、

民芸品らしく、生活の中で活躍して後世に遺るような帯ももっと作りたい、

とても勉強になりました。

 

 

 


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM