カマチと杼

JUGEMテーマ:京都

西村です。

 

いつもブログを読んで頂きありがとうございます。

 

先日、見学に来られた方が熱心に聞いて行かれたのがこの、

織る際に動かす部分である、カマチと杼でした。

 

 

この真ん中の四角い木枠を手で引き寄せ、筬を打つのが手機の特徴です。

人力で打つので、帯のコシや風合いが職人によって決まるのです。

 

そして糸が入っているのが杼(ひ)という道具ですが、

その造りに、見学の方が感心しておられました。

 

大杼(おおび)にはこのように糸が設置され、くぐらせる穴の数によって糸の張りを調節しています。

このY字になった部分にも小さいバネが仕込まれあそびがあり、

さらに細かく張りの調節をしています。

 

小さな一部ですが、この働きによって帯の耳付きの美醜が決まるのでとても大切な部品です。

 

 

そしてその糸の通り道はこの白い部分なのですが、

これは陶器で出来ています。

糸が滑って出てもささくれが出来ないようになっています。

 

 

そして杼が走るために木の駒がタイヤの役割をしています。

銀色に見える部分は鉛が入っていて適度な重りの役割をしています。

軽すぎると杼が飛んでしまいます。

尖がっている端は真鍮です。

 

杼はこのように、専門の杼職人しか作れない精巧な造りになっているのです。

 

 

そしてその杼をセットして、手前の持ち手を引くと、

奥の逆Y字のひもが動いて杼が走ります。

 

 

そして杼を受け取るのがこの丸い革で出来た部分。

これらカマチに付いている杼の受けを「さる」と言います。

 

動物の猿の手みたいな動きをするからかな、と個人的に解釈しています。

 

 

と、

これらが全てリズム良く動いて初めて織物は織れていきます。

隅々に古の知恵と工夫がされていますね。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 


筬刺し(おさざし)

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 筬刺し(筬入れ)です。

 

 薄い金属製のヘラの先に切れ込みが入った「筬刺し」を使います。

 

                   

 

 筬に筬刺しを差し込んで、切れ込みに経糸(たていと)を掛けて、引き抜きます。

 

                   

 

 二人で息を合わせての作業です。

 

                

 

 ちなみに、筬(おさ)は経糸を帯の幅に平均に配列して、緯糸を打ち込むためのものです。

 

 伏せ(ふみせ)と同じように経糸を順序良く入れないといけません。

 

 昨日の失敗を踏まえて、慎重に何度も確かめながら進めたので、一回で正しくできました。

 

                      

 

 粗伏せを使うと綴じ(つうじ)が粗くなるので綴れ(つづれ)のように緯糸(よこいと)が経糸(たていと)を包み込み、絵緯(えぬき)の色が、はっきりとします。

 

                

 

 同じ色で強弱をつけることができます。

 

 織る楽しみが一つ増えました。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


粗伏せ(あらふみせ)

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 製造部の樋口です。

 

 八寸のすくい機に粗伏せを入れました。

 

 粗伏せとは絵緯(えぬき)を粗めに綴じる装置です。

 

 綜絖(そうこう)と筬(おさ)の間に設置します。

 

                   

 

 カタン糸で上下に輪が作られていて、下の輪に経糸を2本ずつ入れていきます。

 

                   

 

 伏せ2枚で組織するので前後に順序正しく入れないと失敗です。

 

              

 

 失敗すると間違った所からやり直しです。

 

 今回は始めの方で間違って、拾い直しでした。

 

 正確に早くできるようになるための訓練ですね。

 

 明日は、筬刺しをします。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


かけつぎ

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 営業の山田です。

 

 現在西陣では、織手さんにしても、シミ落とし屋さんにしても、あらゆる職人さんが高齢化しつつありますが、私どものかけつぎ屋さんもしかりです。

 

 しかし、かけつぎの腕前は日本一だと思います。

 

 今回はその凄いな、というのをお見せします。

 

 最初の写真は、ツミと言いまして何かの拍子に、ぬきいとが通らず縦糸が浮いてしまっています。

 

                    

 

 これを横糸を通して修理します。

 

 これをかけつぎと言います。

 

 作業しているところは企業秘密です。

 

                    

 

 二枚目の写真が出来上がりです。

 

                    

 

                    

 

 どうでしょうか、凄いですね!

 

 いろんな職人さんおられますが、後継ぎさんも宜しくお願い致します。織屋の願いごとです!

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


帯の巾合わせ

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 営業の山田です。

 

 今西陣の織屋仲間で、大変困っている課題があります。

 

 実は八寸帯の巾合わせのことなのです。

 

 今まで出していた加工屋さんが、廃業されたのです。

 

 八寸帯は、前三尺、無地と柄太鼓の部分をかがって仕立てます。

 

 ここで写真のように、無地場と柄のところの巾が合ってない場合は、かがり仕立てが、きれいに出来ません。

 

                  

 

 そこで巾合わせ、という加工が必要になります。

 

                  

 

 そして、やっとのおもいで、巾出し加工をしてくれるところを見つけました!

 

 良ければ、他の織屋さんにも紹介してあげようかと思っています。

 

 他にも、いろんな加工ができにくくなっている現状があります。織るだけでなく、その周辺の産業も疲弊しています。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


ワークショップ作品

JUGEMテーマ:着物 きもの

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

西村です。

 

先日当ブログでもお伝えしましたが、きものsalonさんと一緒に織りのワークショップを開催しました。

 

その時にジャガード織をされた方の作品です。

 

寸法は8寸ほど。

器用な方で、覚えるのが早かったです。

好きな色を選んでもらい自由に織ってもらいます。

オレンジの部分は絣の糸を使っています。

 

 

カラフルな糸がたくさんあるので、私も合間に色々織っています。

 

 

ジャガード織では複雑な模様が簡単な操作で織れます。

どんどん色を変えてざくざく織っていくと創作意欲が刺激されて楽しいです。

 

 

手織の風合いもしっかり出せるので満足感もあります。

これからこの機も使ってワークショップの企画を考えて、ブログやHPでお知らせしていきたいと思います。

 

 

慣れればすくいも織れるように(^^

 

よろしくお願いします。

 

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 


流し織り

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 手機のすくい織は、時間はかかりますが、いろんな織り方を試すことができます。

 

 その1つに流し織りがあります。

 

                   

 

                  

 

                  

 

 普通に織って行くと水平線の重なりでしかないのですが、部分的に先におり進めて、それを追うように角度を変えて織って行くと、波の流れの重なりのような織り方になります。

 

                

 

 それを少し強調して織ってみようと試して見ました。

 

                

 

 糸もいろんな色を混ぜたものを巻いています。

 

                    

 

 昔から使われている織り方ですが、最近はあまり使っていません。

 

                    

 

 これから、また、逸品ものをコツコツ織るのに取り入れてみようかと思います。

 

                    

 

 櫛を使って詰めて行くので、糸の引き加減も難しいですが、面白いものになると思います。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


経継ぎ〜紅白〜

JUGEMテーマ:着物 きもの

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

西村です。

 

先日の仕事初めは経継ぎでした。

織物の経糸を一本一本手で継いでいきます。

今回は真綿を620本ほど。

少ない方です。

糸を開けて機に掛けると、上と下の糸で紅白でした。

正月早々の初仕事が紅白の糸を結ぶ。

何とも縁起の良い仕事です。

 

気持ちの問題ですが、何となく一本一本、有難く継ぎます。

 

とは言え、正月休みで冷え切った機場での手作業、凍えます。

 

 

今年もマメに仕事が出来ますように。

 

 

 


絹糸の振り返し

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けると嬉しいです。

西村です。

JUGEMテーマ:着物 きもの

JUGEMテーマ:京都

 

帯屋捨松では、たくさんの色に染めた絹糸を使っています。

ほとんどが縫い取りに使う糸です。

色んな表現をするために、様々な糸を染めて常時持っておかなければ、

捨松の帯は生まれないのです。

糸は使う時は枠に繰ります。

その枠に巻いた糸は使い終わったらかさ張るので、棚に戻す際にスガに戻します。

木でできたこの道具は手作りです。

動力は小さいモーターが付いています。

捨松では手で扱える限界の細い糸を用いて縫い取りを表現しています。

撚りのない細い糸は扱いが大変なのですが、織った時に美しく光ります。

大切に使って、またスガの形に戻し、次の出番を待ちます。

きれいな糸に戻りました。

振り返すこの道具も古いので、手直ししながら(;^_^A

 

 

 


帯屋捨松×道明展

JUGEMテーマ:着物 きもの

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ

西村です。

11月23日〜26日まで開催の

「帯屋捨松×組紐 道明」展に向けて、

太田和さんの着物と帯屋捨松の帯を合わせてみました。

 

やはりコーディネートの瞬間は楽しい時間です。

着物に合わせて色々置いてみると、

雰囲気がガラっと変わって面白いです。

セピアの着尺に合わせた

ロシア法衣文(赤)

獅猟文(グレー)

鼡地の着尺に

アールヌーボーの花園(黄)

奈良華文(鶸)

コーディネート次第で様々な表情になる着物は楽しいですね。

道明さんの帯締めが加わってさらに立体感が出そうで楽しみです。

 

是非会場でご覧ください。

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM