<< 初めて夏大島を着る | main | 特別展「聖地を訪ねて−西国三十三所の信仰と至宝―」 >>

紫舟〜祈り〜

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 京都高島屋美術画廊では、初めての紫舟さんの個展があったので、見に行きました。https://blog-kyoto.takashimaya.co.jp/art/post/37676

 

                

 

 NHK大河ドラマ「龍馬伝」や美術番組「美の壺」の題字は有名ですが、海外でも書家でもあり、現代アート作家の1人として広く活躍されています。

 

                     

 

 書だけでなく、得意の絵と書との組み合わせや、書を立体的に彫刻にした「書のキュビズム」なども一部展示してあり、狭い美術画廊にはエネルギーが溢れていました。

 

                

 

                    

 

                    

 

 6歳から書道を始めて、小学生の時には八段に上がる!というエピソードには驚きますが、以前、ラジオに出演されていた時、その書道の先生が大変厳しい方だった、と言われていました。

 

                

 

 やはり、幼い時に稽古に費やした時間と経験が、基礎にあり底力となっているんでしょう。

 

 最近聴いた講演の中に、「稽古」についてのことがあります。https://book.asahi.com/article/12424134

 

 「型」かた、というものがあり、それを真似て近づけるように稽古をする。

 

 繰り返し稽古をするうちに、型が身につくと、型にハマるのではなく、逆に型を気にしなくても楽に動けるようになる。それが、武道、茶道、華道、書道、舞踊、音楽、などいろんな道にあり、稽古を繰り返し積み重ねていくことで、無駄な動きがろ過されていく。

 

                      

 

 型に近づいて、体得して、型から離れて、新しい表現が生まれていく。

 

                      

 

 紫舟さんの自由な書の表現を見ると、そのことを実感します。

 

                      

 

 書という紙の上の文字が、力強く立体化されて、文字以上の力を私たちに訴えかけてきます。

 

 筆という、古くからある道具の持つ表現力に驚かされます。

 

 機会があったら、もっとたくさんの作品を見てみたいと思いました。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


コメント
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM