<< 初春文楽公演の着姿 | main | 八芳園 >>

着物に込められた想い

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 帯屋捨松の資料室に、今は出版されていない季刊銀花が、全巻ではありませんがかなり揃って保管されています。

 

 とても良い雑誌でした。

 

 時々見直しています。

 

 今回は特に、絲と針の仕事の特集が、心に残りました。

 

                    

 

 縫い目には不思議な力が宿ると考えられて、日本だけでなくいろいろな地域で子供を守るために産着などに守神の刺繍や特別な縫い目をほどこしてきました。

 

 背守り、は幼い子を守るためのおまじない。

 

                    

 

 この縫い目だけでなく、もっと紐状のしっかりとした背守りをつけたものもあるようです。

 

 もし、誤って囲炉裏や井戸に子供が落ちても、神様がこの背守りで引っ張りあげてくれる、という親の願いが込められています。

 

 そして、子だくさんの長命なひとのはぎれや、丈夫な子供の着物のはぎれを一軒一軒もらい歩いて縫われたという百徳きもの。

 

                     

 

 縫い目は稚拙ですが、子供の長寿と幸福を願う気持ちがあふれています。

 

 今でも人気のあるチリメン細工は、もともと、小さなはぎれにも思い出があって捨てずに大切にした集積から生まれたもの。

 

                     

 

 貴重でもあり、華やかに、工夫を凝らして、出来上がりを楽しみにチクチクと針を進めていたのでしょう。

 

 今は簡単に物が手に入りますが、昔の女たちは縫い物繕い物で夜を過ごして、新しいものなど特別な時だけで、いろんな着物を工夫して家族のために縫い直していたのです。

 

 今、断捨離とか、片付け術とか、身の回りの整理をする事がよく言われますが、なかなか簡単には捨てられない物がたくさんあります。

 

 思いでが詰まったもの、好きだったもの、大切にしたいもの、はやはり捨てられないし、捨てなくてもいいと思います。

 

 親の思いが込められた着物が、本当に安価で引き取られたり、ゴミ袋に詰められていたり、そんな話を聞くと悲しくなります。

 

 帯屋捨松もこれまでどれだけの量の帯を織ってきたのか分かりませんが、お客様の思い出の帯になってくれていたら嬉しいな、と思います。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM