<< 2020年01月14日のつぶやき | main | 時忘舎 >>

仕立て屋のサーカス

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

由希子です。

京都精華大学で行われた、仕立て屋のサーカスの公演を観てきました。

https://www.circodesastre.com/

 

会場に入ると、中心に舞台があり、それを360°囲むように布を敷いた床席と椅子席があります。

天井から布がたくさん垂れ下がっています。

 

 

会場の後方には飲食雑貨ブースがあります。

四月の魚、ポノポノ食堂、仙人スパイス純胡椒、PEOPLE BOOKSTORE。

 

 

 

四月の魚のホットドッグに、

ポノポノ食堂のシナモンロールとホットコーヒーを注文しました。

尾道 パン屋航路のコッペパンに自家製ソーセージのみのシンプルなホットドッグ!

肉!を感じるソーセージは、皮はパリッと中はジューシーで美味しかったです。

 

 

子供たちにお菓子を配りながら音楽家・曽我大穂さんが登場し、

服飾家・スズキタカユキさんが吊ってあった布をめくりあげ、

文字どおり幕開けとなりました。

 

スズキタカユキさんが床に散らばっている布、天井から垂れている布を、

楽器を替えて演奏し続ける曽我大穂さんにくくりつけてはジャキジャキとはさみで切っていきます。

 

音源に生演奏を重ね、はさみの音が響き、観ている子供たちの声があちこちから聞こえます。

ブーブークッションを近くにいたお客さんに渡し、音で会話する場面もありました。

 

演劇なのか、音楽なのか、ファッションなのか…

光と音楽と布で作り上げられた不思議な空間でした。

 

 

 

奥がスズキタカユキさん、

手前の、布を背負っているのが曽我大穂さん。

まるで連獅子の獅子のようでした。

 

後半、物語を朗読する場面も見られましたが、

ストーリーとか“意味”ではなく、「感じる」「自分も空間の一部になる」“体験”なのかなと思いました。

 

 

観ている子供たちが床に散らばっている布を自分の体に結んだり、

音に合わせて踊ったり、

紙吹雪を浴びようと近寄っていく姿はとても微笑ましかったです。

 

ついつい“意味”を読み取ろうとしてしまいますが、子供たちのように純粋に楽しむこと、

頭を解放することの心地よさに触れられた時間でした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 


コメント
コメントする









calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM