<< <捨松の帯が見られる展示会情報〜東京・京都〜> | main | 孫と2人で映画と盆栽鑑賞 >>

佐竹本三十六歌仙絵と王朝の美〜京都国立博物館

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

                    

 

 京都国立博物館で開催されている、佐竹本三十六歌仙絵 https://kasen2019.jp/へ行きました。

 

               

 

 藤原公任に選ばれた、三十六人の歌詠み人の肖像を描いた、三十六歌仙絵。

 

 中でも、旧秋田藩主 佐竹侯爵家の伝わった歌仙絵は、特に優れていて、佐竹本と呼ばれています。

 

 それが、佐竹家から売り出され、売却先も持ち切れず、高価なために買い手がつかず、海外流出の危機にありました。

 

 そこで、益田鈍翁https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%8A%E7%94%B0%E5%AD%9Dらが中心となって、歌仙ごとに

分割し、共同で購入することを決定しました。

 

 「絵巻切断」日本美術史上を揺るがす大事件となりました。今からちょうど100年前のことです。

 

 分割された歌仙絵は、それぞれの所有者によって、趣向を凝らした表具を施されて、掛軸にされました。

 

 三十六歌仙に住吉大明神を加えた、37枚に分割された絵は、時代の波に翻弄され、多くの歌仙絵が、持ち主を転々としたりして、数奇な運命をたどります。

 

 そして、ここに31点の歌仙絵が、終結しました。

 

 展示は、前後期に分かれますが、後期も是非行きたいと思います。三十六歌仙以外の展示も素晴らしく、見所満載です。

 

 あまり知られてないのか、思ったより空いていて、ゆっくり見られるのはうれしいですが、開催期間も短いので、多くの人に観て頂きたいと思います。

 

                              

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM