<< かけつぎ | main | 蓮華温泉〜朝日岳〜雪倉岳 周回 >>

蓮華温泉〜朝日岳〜雪倉岳 周回

JUGEMテーマ:山行記録

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 海の日の三連休を利用して、北アルプス最北部の朝日岳〜雪倉岳に登ってきました。

 

 京都から約6時間かけて、蓮華温泉の登山口へ向かいます。天気はあまりよくなかったので、天気予報を見つつ、車中泊です。

 

 起きると、雨が降っていなくて、朝焼けも見られたので、長丁場なので、5時前に出発です。

 

                   

 

 最初は、登山ですが、標高差300メートルを2時間ほど下ります。

 

               

 

 歩き出してすぐに、雨が降り出しました。あわてて、ザックカバーをつけて、レインウエアを着こみます。

 

 今回は、梅雨も明けてないので、雨と景色が見えないのは覚悟していました。雪解けのあとの高山植物がみられるといいと思っていました。

 

 白高地橋は、向こう岸が見えなくて、違う世界に分け入るようです。

 

 

                   

 

 雨が止んだので、レインウエアを脱ぎ、登りに備えます。カモシカ坂は登るのに大変ですが、幸いガスがミストのようで、暑さがマシなので助かりました。

 

                   

 

 花園三角点を過ぎると、五輪高原の水場まで、あと少しです。

 

               

 

 水場では、ミズバショウが出迎えてくれました。

 

               

 

 ガスも消えてきて、花の向こうに雪の残る山が見えてきました。

 

                   

 

 けっこう、雪が残っています。

 

                   

 

 そして、雪渓に突入です。

 

                   

 

 白馬大雪渓や針ノ木雪渓、そして、白山でも雪渓は経験していますが、ここの雪渓は、スケールが違います。

 

                   

 

 アイゼンを付けたり外したり、滑落しないように、慎重に進むので、かなり時間がかかります。

 

 吹上のコルに着いて、ほっとしていると、登山ルートの整備をされている方が下りてこられ、話をすると、山頂直下にも大きな雪渓があると聞いて、へこみます。

 

                   

 

 進むと、ありました。

 

                

 

 山頂に続く道には

 

                   

 

 ライチョウの親子がいました。この行程で、3度見ました。

 

                   

 

 朝日岳の山頂には、誰もいませんでした。

 

                   

 

 ここから、今夜の宿泊先、朝日小屋の向かいますが、この先でも、雪渓に苦しめられます。

 

 やっとのことで、朝日小屋に到着です。

 

                

 

 食事の前にビールを飲んで、くつろぎます。

 

                

 

 北アルプスの山小屋のなかで、一番ともいわれる夕食の写真を撮り忘れてしまったのは、残念です。

 

 明日は、今日よりも長丁場なので、ゆっくり休みます。                   

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM