<< 2019年06月27日のつぶやき | main | 2019年06月28日のつぶやき >>

並河靖之七宝記念館

JUGEMテーマ:美術館

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

平井です

並河靖之七宝記念館へ行ってきました。

 

明治期から昭和初期にかけて活躍した、日本を代表する七宝家で帝室技芸員にも任命された並河靖之の自宅兼工房です。

 

香合や小皿、小瓶に「有線七宝」という技法で花鳥模様や風景画が緻密に色鮮やかに描かれています。

中でも紫陽花、藤、蝶、鶯をあしらった意匠が目を惹きました。

枝葉の描写は植線(金や銀をテープ状にしたもの)を太細に加工したり、

銀から金へ色を切りかえて表現しているので、どれも筆で描いているような見事な線でした。

こんな技法があるのだ!と改めて勉強になりました。

 

七宝焼ができるまでの工程や実際使っていた道具、図案も展示しているので、より作品を深く知ることがでます。

 

明治時代は数々の超絶技巧といわれる工芸品が生まれました。

並河靖之の作品もその一つ。

幕末から維新へと時代が激動していくなか、産業を発展させて国を変えていこうという思いがあったそうです。

その熱意が伝わってくるようでした。

 

建物は、表屋・主屋・旧工房・旧窯場が国登録有形文化財。

 

お庭は「琵琶湖疏水」を利用した「水の庭」

初めて個人邸に水を引いて造った庭です。水の流れる音が涼しげでした。京都市指定名勝に指定されています。

 

見どころがたくさんある場所でした。

展示替えも定期的にしているので、今度は着物をきて見に行くのも良いな。と、新たな目標ができました。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM