<< 秋の花 | main | アイルトン・セナ >>

経継ぎ(たてつぎ)

  織物は、経糸(たていと)と緯糸(よこいと)から成り立っています。帯屋捨松では、経糸を表裏合わせて6〜10本分を機(はた)にかけます。(最近は、裏無地を自分のところで織らない織屋さんが増えましたが・・・)そして、それらが織り上がると経継ぎ(たてつぎ)をします。
 2400〜3600本の糸を根気良く継いで行きます。適当にどれを継いでも良いわけではなく、順番に継いでいかないと一本でも間違えるとキズになります。織物によっては、二重経、三重経がありますので大変です。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM