<< 2018年11月23日のつぶやき | main | 2018年11月24日のつぶやき >>

文楽鑑賞

JUGEMテーマ:文楽

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 国立文楽劇場へ久しぶりに行きました。https://www.ntj.jac.go.jp/bunraku.html

 

               

 

 開演前に、吉田勘彌さんに衣装部に案内していただき、丁寧に説明してもらいました。

 

 人形は作り置きをしないそうで、公演ごとに役柄に応じ人形師がかしらを整え、床山(とこやま)さんが髪を結い、衣裳方の用意したものを人形遣いが着せ付けて仕上げるそうです。

 

 次の公演に向けて、仕上げた人形が、吊ってありました。

 

               

 

 夜の部は、鶊山姫捨松 (ひばりやまひめすてのまつ)中将姫雪責の段

 

 奈良・当麻寺の中将姫は、継母の殺意を逃れ、鶊山に潜み、のちに曼荼羅を織って、極楽往生を遂げたという「中将姫伝説」を脚色した作品です。雪の中で、継母からいわれなき罪で折檻を受ける様が見どころです。

 

 女殺油地獄 (おんなころしあぶらのじごく)徳庵堤の段 河内屋内の段 豊島屋油店の段です。

 

 近松門左衛門の作で、油商河内屋の次男 与兵衛というクズ中のクズが主人公です。廓通いの挙句、借金を重ね、説教した親や妹まで足蹴にし、挙句に同業者の女房を殺めます。油で滑りながらの、殺人シーンは息をのみます。

 

                   

 

 久しぶりの文楽でしたが、太夫の語りと、三味線の音。人間が演じるよりもリアリティーを感じる人形遣いと、どっぷりと世界に浸れました。終わってからも、しばらく言葉を発せられないほどの、衝撃を受けました。

 

 次の公演も、絶対に行きたいと思います。

 

 歌舞伎と比べても、リーズナブルですし、観れば絶対に好きになると思うので、是非、体験してほしいです。

 

  

               

 

               

  

               

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM