<< ちいさなおうちのきもの展〜草木染〜 | main | 伊丹スカイパーク >>

ちいさなおうちのきもの展〜友禅〜

JUGEMテーマ:京都

JUGEMテーマ:着物 きもの

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

京北で製作されているご夫婦の

「ちいさなおうちのきもの展」

9/22.23.24にお邪魔しました。

 

今日はご主人の陣内久紹さん。

久紹さんは、蒔糊を使った友禅の染色作家さんです。

 

 

自宅の2階をアトリエにされています。

蒔糊とは、糊を塗って乾かしたものを砕き

その粒で描画したり濃淡を出したりして染める技法です。

久紹さんは毎年1年分の蒔糊を作って、色々な大きさに砕いて使うそうです。

砕くのに業務用珈琲ミルがありました。

 

色んな道具を自分の手足の様に使い良く、

また限られたスペースにきちんと収納されているアトリエは美しいものでした。

美しい、とは美醜だけでなく、道具たちが呼吸しながら各々の仕事をこなしている息遣いを感じられる美しさでした。

 

 

 

蒔糊を使った友禅は大変な手間がかかります。

糊を置いた部分が染まらないのですが、その糊を定着させるだけでも何工程もあると教えてもらいました。

 

糊で描いた部分に木の粉をかぶせてあります。

この地の染が終わると今度はここ以外を糊で伏せます。

絵羽付けであれば柄もきれいに合わせないといけません。

 

ちょっと羽織らせてもらいました。

「野薊」

(帯は合わせているだけです。)

 

着姿を見ると欲しくなってしまいます(;^_^A

でも何より、作り手に作る工程を聞くと納得して買えることが良いです。

思い入れも変わってきます。

 

帯屋捨松でも、もっと着る方に製作工程を見ていただきたいと思っています。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM