<< 北白川のかき氷屋 せかん堂 | main | 2017年09月15日のつぶやき >>

図案を考える

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。

 

木村葉子です。

 

 帯屋捨松の帯は全てオリジナルのデザインです。

 

 意匠部には、資料の本がたくさんあり、常にいろんな本に目を通しています。

 

 参考にしても、そのままでなく、今の着物、今の環境を考えて、より帯屋捨松らしい個性も出せるよう、アレンジを試しながら、帯にしていきます。

 

 古い本ですが、大正2年に出された図録が数冊ありました。

 

 農商務省主催の、「圖案及應用作品展覧會圖録」とあり、販売価格ものっています。

 

                

 

                     

 

 貴金属、陶器、家具、着物、帯、傘あらゆるものの新しいデザインが出品されています。

 

 ちょうど、新しく手にした本、「図案からデザインへ」という本と時代を同じくしていたので、とても面白く思いました。

 

                   

 

 京都市立美術工芸学校と京都高等工芸高校に収蔵されている、図案、デザインを歴史を追って紹介されている本です。

 

 初めはヨーロッパのデザイン、特にアールヌーボーのデザインを模写する事から始まり、「倣う」から「創る」という成長を遂げていきます。

 

                

 

                

 

 日本の伝統技術と、新しい時代を感じるデザインが融合して、陶器や漆器にもモダンなものが作られた時代です。

 

                   

 

                   

 

                   

 

 そんな新しい息吹が、展覧会の作品にも強く表れていて、見ていても若々しい印象です。

 

                  

 

 ヨーロッパの影響を強く受けながらも、和と洋がうまく溶け合った、おしゃれなデザインが、帯のデザインのいい参考になります。

 

                  

 

 かわいいのもたくさん。

 

                  

 

 琳派とアールヌーボーが一体化したようなデザインも。

 

                  

 

 自由な時代の空気を感じます。

 

 今、冠婚葬祭でも着物を着る人が減って着ています。

 

 逆に、ファッションの1つとして、普段に楽しむ人が増えてきているようです。

 

 そんな着物愛好家に喜んでいただけるような、楽しい帯を、いろいろ参考にして考えていきたいと思っています。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM