<< 高雄神護寺〜清滝 | main | 白山登山 >>

祇園祭

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。

 

 木村葉子です。

 

 久しぶりに浴衣を着て、祇園祭の鉾を見に行きました。

 

                   

 

 まだ、宵山(16日夜)より少し早い平日だったので、そんなに混雑していませんが、観光客の団体さんなどもあちこちに見えました。

 

                   

 

 長刀鉾、函谷鉾、と、祇園祭の雰囲気が盛り上がります。

 

                   

 

 室町通を上がると、菊水鉾があります。

 

                   

 

 ここ数年、菊水鉾のお茶会にお邪魔しています。

 

                

 

 どなたでも、お茶券を購入されれば菊水鉾の隣のビルの二階でお茶とお菓子をいただくことができます。

 

 お菓子や、ちまきや、手ぬぐいなど売ってありました。

 

                

 

 素晴らしいのは、鉾の水指です。

 

                   

 

 蓋を開けられるのを楽しみにしていたら、お菓子のしたたりが来て、そちらに気を取られているうちに、見逃してしまいました。

 

                

 

 美味しいお菓子とお茶をいただき、お道具を見せてもらいます。

 

                    

 

 素晴らしいです。

 

                    

 

 その後、菊水鉾のうえに上がらせてもらいました。

 

                    

 

 結構な高さがあります。

 

 少し切なさのある祇園囃子が、鉾の上で鳴り響き、暮れていく室町通りがますます美しく情緒をかもしだしていきました。

 

                    

 

 少し離れた山伏山では、古い染織品を展示してありました。

 

                    

 

 日本で作られたものでなく、中国や朝鮮半島から渡来したものもあります。

 

                 

 

 イギリス捺染、と書かれたものもあり、はるか昔のはるか彼方の外国の素晴らしい染織品が、どんな旅をしてここ京都のお祭りに飾ってあるのだろう、と歴史を感じずにはいられませんでした。

 

 案内してらっしゃる方の声が聞こえました。「これは、そんなに古くないですわ、江戸時代やし」美術館でもなく博物館でもない町家に、当たり前のように高度な技術の古い染織品があちこちに飾られているなんて、京都の美意識の高さは、身近にそういうものを目にしている歴史があるからなんでしょうね。

 

 奥には刺繍の立派な復元品が展示されていました。

 

                

 

 祇園祭の、これからの歴史を作っていくんですね。

 

 いつまでも平和にこの素晴らしいお祭りが続いていきますように、と、心から願いました。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM