<< 嵯峨野トロッコ列車 | main | 2017年06月30日のつぶやき >>

たて継ぎ

JUGEMテーマ:着物 きもの

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。

田中です。

 

帯屋捨松では、織物の経糸は全て手で継いでいます。

300本のものもあれば、2400本も。

一本一本継がなければ帯は織れません。

中腰で数時間、細い糸を漏れなく継ぐのはけっこう疲れます。

ミスがあるとキズになるので慎重に、かつ迅速にこなさなければなりません。

今回は新しい生地の為に圣を変えました。

経糸が継げたら、織の試験をしていきます。

経糸と緯糸、様々な種類があるので色々試します。

古い生地の再現や、今までにない生地の開発をしていきます。

なかなかうまくいかない苦悩の日々は続きますが、

それが織元の愉しい部分でもあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM