<< 京都卸売市場〜美味しい食堂〜 | main | 洞川温泉〜奈良県・天川村 >>

近畿最高峰 八経ヶ岳登山

JUGEMテーマ:山行記録

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。

 

 梅雨の合間をぬって、八経ヶ岳に登ってきました。

 

 以前から、憧れていたテント泊にチャレンジです。

 

 山小屋泊より、荷物が増える分、重くなります。そのために、一番近い行者還トンネル西口から登ります。

 

                   

 

 二日分の駐車料金を払って、登山届を提出して、いよいよ出発です。

 

                   

 

 この橋を渡ると、いきなり急登が始まります。

 

                   

 

 やはり、ザックの重さが違います。

 

                   

 

 登ること1時間、ようやく大峯奥駆道と合流です。https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E5%B3%AF%E5%A5%A5%E9%A7%88%E9%81%93

 

                   

 

 ここからは、傾斜もゆるくなり、まばゆいばかりの緑の中を歩いていきます。

 

 風が涼しくて、気持ちがいいですが、休憩していると、寒いぐらいです。

 

               

 

 ブナの原生林が広がる弁天の森を過ぎると

 

                   

 

 今日のキャンプ地、弥山と弥山小屋が見えました。

 

                   

 

 まだ、けっこう登らないといけません。その横には、八経ヶ岳の姿も見えています。

 

                

 

 聖宝の宿跡を過ぎると

 

                   

 

 弥山への急登が始まります。

 

 木道は、一気に標高を稼げますが、荷物の重さが堪えます。

 

                   

 

 もう終わりかと思ったら、また、次の道が現れ、立ち止まりつつ登って、やっと弥山小屋に到着です。

 

                

 

 すぐに受付を済ませて、テントを張りました。

 

                

 

 昼ご飯を食べて、ゆっくりしていたら、妻が鹿の写真を撮ってきました。

 

                    

 

 テントに荷物を置いて、サブザックで、八経ヶ岳に登ります。

 

                    

 

 途中で、オオヤマレンゲの保護のために、柵が設置されていました。

 

                

 

 頂上は、そんなに広くありませんが、眺望がすばらしいです。

 

                

 

 さすが、紀伊山地の真っ只中!見渡すかぎり、山また山。

 

                

 

 振り返ると、弥山小屋も見えています。その向こうは、大普賢岳や山上ヶ岳方面かな

 

                

 

 弥山に戻って、弥山山頂へ行き、

 

                

 

 昼寝をして、早めの夕食です。

 

                    

 

 小屋で調達してきたビールが最高です。日帰りの登山客が大半なので、この時間になると、ほとんど貸し切り状態です。

 

 こんなに静かな山は、今まで経験ありません。贅沢です。テントも10張りもなく、点在しているので、周りにテントが見えません。

 

 メスティンでご飯を炊いたり、最後はカレーにして、〆ました。そして、テントで横になっていたら、あっという間に寝てしまいました。

 

 夜、トイレに行くと、曇っていて、星が全く見えないのは残念でした。御来光も期待できません。

 

 夜が明け始めると、小鳥が一斉に囀りだします。うっすらと日の光が見えます。

 

               

 

 これはこれで、幻想的な雰囲気でよかったです。

 

                   

 

 朝ごはんを食べて、コーヒーを点てて、のんびり過ごします。

 

 あとは、天気が少し心配なので、そうそうに下山しました。

 

 今回の山旅は、天気にも恵まれて、初めてのテント泊は、大満足でした。

 

 シロヤシオやサラサドウダンも咲いていました。

 

           

 

 写真は、採れませんでしたが、リスやアオゲラも見ました。他にも小鳥たちのいろんな鳴き声が聞こえ、癒されたひと時でした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM