<< バティック更紗「イシス」 | main | 2017年06月13日のつぶやき >>

残したい手仕事 日本の染織

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。

 

 木村葉子です。

 

 本の紹介です。

 

 「残したい手しごと  日本の染織」

 

                  

 

 細長い日本の各地に、素晴らしい染織品が作られてきたのに、消えていきそうになっています。

 

 一枚の着物が出来上がるまで、数多くの職人技が必要です。

 

 糸を作るところから始まって、織るまでの準備は、織る時間の何倍もの時間と手間がかかります。

 

 また、染めの着物にしても、手描きや絞りや刺繍など、細やかで丁寧な仕事がされたものは気品と輝きを感じさせてくれます。

 

 そんな手しごとに、真摯に向き合う人たちを紹介している本です。

 

 京都の絞り、寺田さんは、帽子絞りの職人さんの紹介です。

 

               

 

 その手、その指、でしかできない仕事、そしてその絞りを生かす染めの技術も厳しいものです。

 

 職人さんの仕事に対する強い自信と、寺田さんの職人さんへの敬意が感じられる文章でした。

 

 ほかにも、芭蕉布や越後上布や、南部菱刺し、など22種の染織品が紹介してあります。

 

               

 

                   

 

                   

 

 近代化され、機械化されても、やはり、手でしかできない仕事があります。

 

 人の手で触ることで、湿り具合を判断したり、糸の良し悪しを選んだり、手に馴染んだ道具を使って、作っていく。

 

 それに、大自然の力もかりて、海で晒したり、雪の上で晒したり、川で晒したり、その土地で考え出された方法でしか、完成されないんですね。

 

 どんなに手間がかかっても、美しいものを作りたい、という強い気持ちが、手しごとの技術を高め、出来上がったものには、人の温かみと本物の輝きが宿るのだと思います。

 

 この本には、伝統だけでなく、新しいことにチャレンジして、これからも残っていこうとする、前向きの職人さんたちが描かれ、大切にしたいと思いました。

 

 昭和59年に発刊された喜如嘉の芭蕉布の本も、見てみると、この本が作られた時点で、芭蕉布の制作に関わっている人が130人います。

 

                   

 

 裂も貼ってあり、絣模様もたくさん載っている、貴重な本です。

 

                   

 

                   

 

 今、芭蕉布はその希少性から、超高級なきものになっていますが、作っている職人さんは今何人くらいいるんでしょうか?

 

 機会があれば、現場を見せてもらいたいな、と思います。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM