<< 今年も雅風展に行ってきました。 | main | 2017年01月12日のつぶやき >>

酉年 鳥の帯

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へよろしければクリックお願いします。

 

智也です。

 

新年あけましておめでとうございます!

みなさんはどんな年末年始を過ごされましたか?

私は年末は連夜の忘年会、年始は初詣にお墓詣りの後は寝正月としっかり年末年始を堪能しました。

ここ数年で一番暖かく天気も良かったので外に出ていても気持ちよかったです。

 

さて、今年は酉年ということで。

鳥にまつわる柄の帯を紹介したいと思います。

 

鳥というモチーフは古代からよく使われているので帯にもよく登場します。花に次いで多く使われているのではないでしょうか?

 

 

                   

 

 <倭錦(やまとにしき) 正倉院双鳥文>

正倉院の宝物からおしどりの柄をモチーフにしました。宝物の当時の再現ではなく、正倉院に保管されている現在の状態に似せて古布の風合いが出るよう製織しています。その上に絹なりの光沢があるので古くも新しいという帯になっています。

 

                    

 

                    

 

 

<斜子地袋(ななこじぶくろ) オランダ花鳥文>

少しコミカルな顔をした小太りの鳥です笑

ワシやタカみたいなシュッとした鳥もかっこいいですが、ずんぐりした鳥も愛嬌があってかわいらしいです。

見た目は少しコミカルですが、鳥の胴にも陰影がつくように織り分けていたり、微妙な組織の変化をつけてあるので実は芸がこまかいので見ていても飽きない帯です。パーティなどに締められると注目の的間違いなしです!

 

                    

 

                    

 

 

<多色箔袋(たしょくはくぶくろ) 錦鶏鳥文>

先ほどのコミカルからうって変わって今度はかなり重厚な帯です。何種類も箔を使って柄を作っています。組織は平たく織っていて柄が浮き上がってはいませんが光の当たり具合でそれぞれの箔が違った光り方をして柄が浮かび上がったように感じます。

鶏の顔もなんとなくキリッとしています笑

 

                    

 

                    

 

 

<スクイ織に刺繍 双鶏図繍文>

伊藤若冲の鶏の絵から抜粋しました。

これは今はもう引退してしまった職人さんの技術の結晶のような帯です。

糸をすくって織るからスクイ織と言うのですが、糸をどれだけすくうかは職人さんの裁量に任されているので経験とセンスが非常に大事な織り方です。

その上にさらに部分的に刺繍を入れることによって羽や脚、トサカなどを引き立たせています。職人さんが引退されてしまったのは本当に残念ですが、またこんな帯が織れるようにしたいとも思います。

 

新年初ブログということで多めに紹介しました!

紹介していない鳥の帯もまだまだあります。

改めて探してみると鳥の柄多いなぁ

酉年ということでどんどん巣立っていってほしいです。街中で見かけると、きっと親鳥のような気持ちになると思います笑

 

今年も一年よろしくお願いいたします!

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へよろしければクリックお願いします。


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM