<< 2016年06月20日のつぶやき | main | ル・テアトル・ディオール >>

黄檗普茶料理

 

 

人気ブログランキングへ   にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ→よろしければクリックお願いします。

 

 

 

 京都市より南の宇治市に、黄檗宗の大本山である、萬福寺があります。

 

                  

 

 中国が明の時代、隠元が日本に渡り、開いた寺院で中は中国の雰囲気が漂います。

 

 その向かいの白雲庵で、お茶会があり、お茶の後に普茶料理をいただきました。

 

               

 

 萬福寺では、5月に全国煎茶道大会、10月には月見の煎茶会、があるとのことで、お煎茶で使うお道具も取り入れたお茶会でした。

 

               

 

 待合には、ユーモラスな、「喫茶去」のお軸がかけられていました。

 

                   

 

 普茶料理がお茶会の後に出たのは初めてです。

 

                   

 

 お店の方が説明してくださいます。

 

 胡麻豆腐

 

              

 

 雲片(うんぺん)という吉野葛のかかった野菜類、とても美味しい。

 

                  

 

 中華料理とは違うあっさりした味でした。

 

 笋羹(しゅんかん)と言われる盛り合わせ、どれも手間がかかったものでした。

 

               

 

 後に天ぷらがあり、汁物も二回出てきて、だんだん満腹になっていきました。

 

 ご飯には、お抹茶に使う茶葉のもっと柔らかい葉を混ぜ込んであり、ぜいたくなものです。

 

 最後には、赤いシソのゼリー。

 

 底にランブータンの果肉があり、写真撮り忘れたのが悔やまれるほどきれいな赤でした。

 

 肉や魚を一切使わない精進料理ですが、皆さん、まさに、まんぷく。

 

 掛け軸も野菜。

 

                  

 

 とても体に良いお食事でした。萬福寺に行かれたら一度味わってみてくださいね。

 

 お庭には大きな樽を再利用したお堂がありました。

 

                  

 

 樽は何の樽だったのでしょう?お酒?醤油?お味噌?古くて大きくて迫力があります。 

 

 


コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM