<< 400摺箔 | main | 遊び 京都国立博物館 >>

古代綴

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします.
 

 綴織ではあるが、使用する糸が普通の光沢のある綴糸ではなく、風合いのあるビス糸というのを使い、地ヌキにも3、4色を合わせて織り、深みを出しています。また、竹筬(たけおさ)を使用し、よりムックリとした風合いになるようにしています。

 

 通常の綴織と同じように、経糸(たていと)の下に図を置き、その絵に合わせて織っていきます。細かい柄やボカシもあるので、大変時間のかかる帯です。

 

 それゆえに、個性的な柄が多く、他の帯にない味わいがあります。結城紬などに合わせると大変素晴らしい着姿になります。

     

 クレタ陶文

        

 長谷の庭

        

 印華布

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。





コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM