初めての天神祭り

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。

 

 木村葉子です。

 

 京都の祇園祭も、後祭の山鉾巡行が24日に終わりました。

 

 前後二回に分けられて、歩行者天国や、露店なども以前の祇園祭より、少し落ち着いたような気がします。

 

 祇園祭が終わって、大阪の天神祭!と言われても今までテレビでしか見たことがありませんでしたが、今年は初めての天神祭の、船渡御(ふなとぎょ)と言われる、船で大川を回りながら奉納花火大会を観覧するのに、ご招待していただきました。

 

               

 

 花火も久しぶり。

 

 船と言っても、普段は砂利運搬船だそうで、広くて、イスとテーブルが並べられてちょっとしたステージも作られ、トイレも設置されて、1つのお店のような感じです。

 

               

 

 いろんな企業の船があり、それぞれに落語家さんやタレントさんがマイクで盛り上げているので、とにかく賑やかです。

 

                  

 

               

 

 お弁当とビールなどいただきながら、船の出発を待っていると、少しずつ暮れてきました。

 

               

 

 船同士がすれ違うたびに大阪締めという手締めを交わし合います。

 

               

 

 橋の下も何度かくぐりました。

 

               

 

 橋の上の観客とも大阪締めを交わし合い、川沿いの露店の人達とも大阪締めを交わし、何とも楽しい気分になってきました。

 

               

 

 この時は電車もゆっくり走るそうで、電車の中の人とも手を振りあうことができました。

 

               

 

 花火が始まりました。

 

                  

 

 約5000発の花火、それもすぐ近くだと、低いので頭上で花が開くような感じでした。

 

                  

 

 花火がどんどん打ち上げられる中、若い2人が龍踊りを黙々と踊り続け、お囃子も響き渡り、あちこちから大阪締めも聞こえて、お祭りの最高潮に達していきました。

 

               

 

 やはり凄いです。

 

               

 

 さすがに日本三大祭りと言われるだけの規模と、人手と熱気。

 

               

 

 もちろん1000年以上昔から続けられているという歴史が素晴らしいのですが、京都とは違う華やかさと迫力がありました。

 

                    

 

                    

 

 社長の着物は、近江上布に、帯屋捨松の夏の男帯。

 

                    

 

 私は小千谷縮に、芭蕉紋の八寸帯。

 

                    

 

 電車に乗って汗もかいてよれよれの時に写真を撮ったのであまり綺麗ではありません。失礼。

 

 初めての天神祭、とても楽しい夜でした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←よろしければクリックお願いします。


鞍馬の火祭り

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ→よろしければクリックお願いします。

 

 鞍馬の火祭りは、由岐神社の大祭です。

 

 毎年、10月22日の時代祭と同じ日に執り行われます。

 

 鞍馬街道には、火祭りの準備がされています。

 

                   

 

 ひんやりとした、秋の空気が、心地よいです。

 

              

 

 まずは、由岐神社にお参りです。

 

                  

 

 立派な御神輿が2基、飾られていました。

 

                  

 

 ケーブル駅を横目に、急な坂道を歩くと、由岐神社です。樹齢800年の大きな杉の木が、目を引きます。

 

 午後6時に「神事にまいらっしゃれ」の神事ぶれを合図に、篝に火がともされます。

 

 最初は、小さな松明から

 

                 

 

 そして、だんだん大きな松明に、なってゆきます。

 

                 

 

 そして、8時頃になると、由岐神社の石段に松明が集まりだします。

 

                  

 

 物凄い、迫力です。

 

                  

 

 火の粉が、容赦なく降り注ぎます。

 

                  

                    

 

 燃え尽きた松明が、石段下に積み上げられて、大きな火柱になります。

 

 注連縄が切り捨てられ

 

                  

 

 御神輿が石段を下りて、御旅所に向かいます。

 

                  

 

 お祭りは、まだまだ続きますが、ここで多くの人は、家路につきます。

 

 何度見ても、圧巻です。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ→よろしければクリックお願いします。


祇園祭〜宵山

人気ブログランキングへにほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へブログランキング参加しています。

JUGEMテーマ:京都

田中です。

先週になりますが、祇園祭りの宵山へ行きました。

今までは遠かったので10年ほど足が遠のいていましたが、歩いて行ける距離に引越したので久しぶりに行ってみました。

月鉾

ビル6.7階はあろうかという高さがカッコ良いですね。

岩戸山

室町通りや新町通りは山がたくさんあります。

 

建ってからは車は通れません。

町がいつもとは全然変わります。

ありすぎて鉾の名称は失念してしまいましたが、ちゃんと由来や説明も書いてあるので勉強になります。

祭の全ての知識を入れようと思うと大変ですね。

間近で見ると懸装品が凄いです。

 

菊水鉾のお菓子、したたりを買って帰ります。

雑踏を離れ、松原通りの前から気になっていたお好焼き屋さんへ。

ここのオムそばが絶品であることを発見しました。

生ビールもあるし、安いしよく流行っていました。

http://tabelog.com/kyoto/A2601/A260201/26013273/

 

 

 


鞍馬の火祭り

JUGEMテーマ:京都

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 由岐神社の祭礼である、鞍馬の火祭りに行きました。

 出町柳駅に着いて、空いていると思ったら、行列は地下に入り向かいの入り口にまで伸びていました。

              

 30分ほど並んで乗り込み、また30分で鞍馬に到着です。

 18:00に「神事にまいらっしゃれ」の御触れとともに、かがり火に火がつけられます。

                 

 はじめは、小さな松明から練り歩きます。

              

 そして、だんだん大きな松明になっていきます。

                  

 20:30頃になると、徐々に、石段に集まってきます。

              

 容赦なく火の粉が降り注ぎます。

              

 松明の数も増え、だんだんクライマックスに近づいていきます。

              

 21:00過ぎに、「注連縄切り」が行われます。

                  

                  

 このあと、御神輿が下りてきます。

                  

 神輿の前には、大人の仲間入りを果たす若者の儀式である「チョッペン」が行われます。

 足を大きく開いて、担ぎ上げられています。

              

 御神輿は、御旅所まで町内を練り歩きます。

 勇壮な男の祭りですね。大迫力でした。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM