丹後藤布と相楽木綿

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 京都嶋臺ギャラリーで「京都の北と南の織物丹後藤布(のの)と相楽(さがなか)木綿」という展覧会がありました。

 

                   

 

 同じ京都府でも、海の京都、と呼ばれる日本海側の丹後半島の山間部で織られている藤布、藤織り、が保存会ができて35周年、

 

                   

 

 京都府の南側相楽村(現木津川市相楽)の相楽木綿伝承館ができて10周年、ということで、合同記念展を企画されたそうです。

 

                   

 

 藤布は、藤の皮を剥ぎ、アクを抜いたり柔らかくしたり、細い糸になるまで大変な手間がかかります。

 

                

 

                   

 

               

 

 北海道と沖縄を除く全国各地で織られていたようで、古くは万葉集にも「藤衣」という言葉が残されています。時代の流れの中で消えて行き、今は貴重な織物になりました。

 

 会場では帯や小物に、インテリアに、と、生成り色の味わいのある作品が並んでいました。

 

 相楽木綿については、全く知りませんでした。

 

 相楽村では、江戸時代から綿作が盛んで、美しい藍染の絣の着物が織られていたそうです。

 

               

 

 機織り機も置いてありましたが、大和機、やその改良機のチョンコ機、と呼ばれる小さく原始的な機織り機で、あまりスペースを取らずに作業ができそうです。

 

               

 

 そこからとても美しい絣の着物が生まれてくるのですね。

 

 どちらも決して派手ではありませんが、ものとしての美しさが、凛としていて、魅力的でした。

 

 大切にしていきたい織物です。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


服のかたち/体のかたち

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

由希子です。

久しぶりに三宮へ出かけました。

 

濱田明日香さんのブランド THERIACA(テリアカ)の展示『服のかたち/体のかたち』を観るためです。

http://www.theriaca.org/

 

 

その前に腹ごしらえを…

センタープラザのサヴォイに行きました。

 

 

メニューはビーフカレーのみ。

カウンター10席ほどの店内に入ると、すぐさまごはんの量を聞かれます。

トッピングで生卵がつけられるようです。

 

 

サフランライスにさらっとしたビーフカレー。

程よい辛さでペロッと平らげてしまいました。

 

 

そこから海の方、東遊園地・花時計方面へと歩きます。

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)は、もともとは生糸検査所だったところだそうです。

今は会議室・ギャラリースペース・レンタルオフィスとして使われています。

 

THERIACAの展示は、ギャラリーの中でも搬入口としても使われているスペースで、スロープや脚立を活かした見せ方になっていました。

 

 

フライヤーに載っている[はしご]など、モノのかたちからインスピレーションを受けた服や、

 

 

[T型]など、平面に置いたときにはシェイプそのものの布が、人が着ると変化する『かたちの服』、

 

 

1枚の大きな四角形の布を服に見立てた『ベッドシーツの服』の3つから構成されていました。

 

 

他にはコラージュやアイデアを書き留めてあるノートやサンプルの展示など。

どれも服の既成概念にとらわれないものばかりでした。

 

 

 

濱田さんのパターン本を1冊持っているのですが、まだ作ったことがないのでこの夏挑戦したいなと思っています!

 

 

 

 


柳宗理記念デザイン研究所

JUGEMテーマ:旅行

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

金沢からひがし茶屋街への行き道にふと、柳宗理記念デザイン研究所というのがあり立ち寄りました。

 

父は民藝運動の中心人物、柳宗悦である有名な工業デザイナーです。

http://www.yanagi-support.jp/

 

金沢美術工芸大学の教授であった縁で近年設立されました。

 

 

定期的に展示が変わり、気軽に作品に触れることができます。

https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/yanagi/

 

 

鳥取、牛ノ戸焼を思わせるテーブルコーディネート

持ち手が木のカトラリー、良いかも。

 

 

島根、出西窯シリーズ

 

 

どしん、とした急須がかっこいいです。

 

 

柳宗理のキッチンツール

 

 

洗練されたデザインで使いやすさは抜群です。

 

 

民藝運動をしてくれていて良かった、とつくづく思います。

全国で気になる窯元や民芸館などに行ってみるとほとんどリーチさんや柳宗悦との関わりがあります。

 

 

用の美、暮らしの道具に見出した美しさ。

 

例えば、西陣織は、帯屋捨松の商品は、民藝になりえるだろうか。

工芸品としての認知はあるけれど、もっと身近に、もっと日常に、

帯屋捨松のものづくりが存在すれば良いのにな、と考えながら見ていました。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです

 


きもの良きものファミリーセール

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 インスタグラムなどで告知しておりました、西陣織工業組合のファミリーセール、始まりました。

 

                   

 

 雨が上がって、爽やかな土曜日となりました。

 

 お昼頃に会場へ行くと、なかなかのお客様。

 

                

 

 お着物のお客様も、ちらほらいらっしゃいます。

 

 スタッフの知人によると午前中はたくさんのお客様だったようです。

 

 メーカーが直接出しているので、中には、お買い得な難ものや、あまり目にすることのない子供帯なども並んでいます。

 

                  

 

 帯屋捨松のブースは入ってすぐのところ。

 

               

 

 夏物のコーナーにもあります。

 

               

 

 去年より出品しているメーカーが増えて、色々と個性の違う商品が並びました。

 

 西陣織といっても帯だけでなく、着物や小物、ハギレも、ネクタイもあり、どれもお安い。

 

 たずねると答えてくれるスタッフはいますが、しつこく勧めるようなことは全くないので安心して見ていられるので、誰でも気軽に見て回ることができます。

 

 難モノとは言え、こんなに安いの?と驚くような商品もあり、上手に買って仕立てたらとてもお値打ちがあります。

 

                  

 

                  

 

 もっと、全国にアピールしたら、着物好きな人にはたまらないセールだと思います。

 

                  

 

 6月9日日曜日夕方5時まで。

 

               

 

 間に合う人は急いでね!

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


第53回日本伝統工芸染織展

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 京都大丸の6階ミュージアムで、日本伝統工芸染織が始まり、早速足を運びました。

 

               

 

 先日の帯屋捨松でのイベント「響き合う彩り」で、御一緒させてもらった友禅作家の陣内久紹(じんのうちひさつぐ)氏の着物が出展されています。

 

 ほぼ毎年、見せてもらっているのですが、今年はいつもより、作品を見る目が違います。

 

 やはり、蒔糊の実演を見せてもらってからは、その工程を思い浮かべることができます。

 

 他の方の友禅や型染めの着物でも、どんな順番で染めていったのだろうか、とか、考えながら、見るようになりました。

 

 絣の着物なども、その細やかさに染めの大変さを思い、この一枚の着物にどれだけの時間が費やされているのだろうか、と思ってしまいます。

 

 陣内氏の、蒔糊の技法を使った着物は、奥の方にありました。

 

 青系のグラデーションが美しい着物でした。

 

 落ち着いた雰囲気と、爽やかな空気が感じられました。

 

 他にもいわゆる人間国宝に認定されている方々の作品も沢山あり、今回いろんな賞に選ばれた方々の作品も大変素晴らしいものでした。

 

               

 

 見応えあり!

 

 染織の仕事に関わっている方かな?と思われる、二人組の女性は一つ一つをじっくりと見ながら、その作業の工程の大変さをお話しされていました。

 

 そうですよね〜、とても繊細な作業の積み重ねで出来上がった作品ですよね!と、心の中で私も相槌を打っていました。

 

 世の中には、断捨離、片付け、ということで、大切にされていた着物たちがたくさん処分されていると聞きます。

 

 悲しいことです。

 

 手間暇かけて作られた美しい着物、せめて、着る人に譲るようにしてもらいたいと思います。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


京都芸術花火2019

JUGEMテーマ:LIVE! LIVE! LIVE!

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 天皇陛下御即位記念 京都芸術花火2019が、京都競馬場で開催されました。https://www.kyoto-hanabi.com/

 

 今回で2回目ですが、日本最高峰の花火師の祭典ということで、期待が高まります。

 

 前日の雨模様と打って変わり、絶好の花火日和です。

 

 第一部は、「内閣総理大臣賞」を過去最多18回受賞され、日本花火会のレジェンドと呼ばれる「野村花火工業」の尺玉の名作集です。

 

 花火の解説ののち、天高く打ち上げられ、空一杯に花火が開いて、少し遅れて、おなかに響くような打ち上げ音がとどろき、客席から嘆息と歓声が上がります。

 

 5つの花火は、芸術玉と呼ばれるのに、ふさわしいものでした。

 

 第二部は、GREAT SKY ARTは、音楽に合わせて、1/30秒単位で花火をコントロールし、最高のショーになっています。

 

                   

 

 音楽に合わせて、花火がシンクロしていきます。

 

              

 

 前後左右のいろんな方面から、またしぃちょく垂直に上がるだけでなく、斜めのも上がります。

 

              

 

 21の花火会社が参加しているので、様々な種類の花火が打ちあがります。

 

              

 

 京都競馬場のスペースを十分活用し、素晴らしい花火大会でした。

 

 圧倒されているうちに、約1時間でしたが、あっという間に終わりました。

 

 一瞬で消えてしまう花火ですが、3万人の観客の心に、深く刻まれたことでしょう。

 

 この終わった後の、何とも言えない寂寥感も、花火のよさなのでしょう。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


太陽の塔内部見学

JUGEMテーマ:旅行

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

西村です。

 

先日、大阪の万博記念公園にある岡本太郎氏制作の太陽の塔の内部見学へ行きました。

 

 

ずっと行きたかったのですが、人気でなかなか良い日に予約が取れませんでした。

 

塔の下に入口があって予約の時間に行くと入れます。

 

中は吹き抜けていて螺旋階段で上がって行く造りになっています。

 

 

塔の一階から見上げた顔。

スケッチも見られます。

 

 

「地底の太陽」

万博閉幕後、行方不明になったので2018年に復元されました。

いつも思うのですが、こんなに大きい作品が行方不明て、どこに消えてるんでしょうか(;^_^A

 

 

生命の樹です。

内部見学は一階のみ撮影可です。

 

ここからは係員さんが解説してくれます。

太陽の塔の胎内に伸びる41mの巨大造形です。

 

 

下から順に、単細胞生物から人類まで33種の生物の進化が上に向かって見られます。

 

途中には恐竜の模型があり、それは1トンを超す重さの為掃除などが出来ず当時のままです。

 

他にも、当時は模型が動く仕組みになっていたので模型には朽ちて機械がむき出しの部分もあり、

ゴリラは頭の部分が機械むき出しでしたが、それも凝った造りの当時のままのものを敢えて展示してありました。

 

私が感動したのは生命の樹もですが、手の部分の内部です。

鉄骨組みが見られるのですが、先っぽに向けて吸い込まれるような光景が見られます。

 

 

2025年にまた万博がありますが、

こういう価値のあるレガシーを残して欲しいと思います。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 


「響きあう彩り〜色と遊ぶ、色をまとう〜」を終えて

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 帯屋捨松の商品をもっと見たい!どこへ行けば見られますか?という声にお応えして、始まった企画です。

 

 同じ事なら、お着物とのコーディネートや工房見学、機織り体験もしていただき、喜んでほしいと趣向を凝らしました。

 

 今回の、お着物は、蒔糊の陣内久紹(じんのうち ひさつぐ)氏の作品です。

 

 陣内氏は、高校卒業後、京友禅の重要無形文化財保持者(人間国宝)森口華弘氏に弟子入りされ、約半世紀にわたり、技術を磨いてこられました。

 

 蒔糊の実演をしてもらいましたが、人前で実演されるのが、初めてだそうで、大変緊張されていました。

 

                  

 

 それがかえって、陣内氏の真摯な人柄が感じられ、お仕事に対しての姿勢が伝わり、見学の皆様にも好評でした。

 

                  

 

 見て頂いた方には、その高度な技術に感服され、より理解が深まったと、喜んでもらいました。

 

 きものカラーコーディネイト講座を 色彩プロデューサー/KICCA代表理事 能口祥子氏にお願いしました。

 

                   

 

 着物の色合わせのコツや印象の変え方を、きものや帯を変えながら、帯揚げ、帯締めをいろんな組み合わせで、教えていただきました。

 

                   

 

 基本的なことはもとより、現代生活にマッチした、組み合わせの提案など、皆様に、大変参考になったようです。

 

 手織り工場見学ツアーも、連日、多くの方に参加していただき、皆様、熱心で、予定時間をオーバーしていました。

 

 意匠部では、図案の説明をしています。

 

                   

 

 機場でも、熱心に見学されています。

 

                   

 

 深くて、鋭い質問に、タジタジです。(笑)

 

                   

 

 機織りワークショップでも、何時間も集中して、取り組んでおられました。

 

               

 

 織り上がった生地です。

 

                                     

 

 前回織った生地で作った鞄も、見せてもらいました。いろいろ創作意欲がわくようです。

 

 最後に、余興で、丸巻きの反物を次々に転がすと、歓声が上がっていました。

 

                      

 

 三日間で、約100名近い方にお越しいただきまして、ありがとうございました。一日中、楽しんでいただいた方も多く、より、きものや帯の理解を深めていただけたのではないでしょうか。

 

 今後も、より、きものシーンを楽しんでいただき、知識が深まるような企画を考えていきたいと思いますので、お気軽に参加してくださいね。

 

 夢は、西陣界隈で他にも、いろんな催しがあり、きもの姿で街中を、埋め尽くしたいです。               

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


イベント中の楽しい時間

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 三日間、「響きあう彩り」〜色と遊ぶ、色をまとう〜というイベントをしました。

 

 たくさんの方がお見えになりましたが、その中に、お二人、外国からの留学生の女の子がいました。

 

 通訳をされている方が以前、帯屋捨松のイベントにいらしたことがあり、是非、外国の方に見てほしい、と思ってくださったのです。

 

 工場見学の後、まさに色をまとう体験をしてもらいました。

 

                    

 

 陣内さんの美しい着物の中から選ばれたのは意外にも地味!と思われる無地っぽい着物でした。

 

                    

 

 でもやはりお肌の白さと若さでとてもイメージが変わります。背も高く、首がほっそりとしてとても綺麗に似合いました。

 

                    

 

 帯も色々替えてみて、楽しんでもらいました。

 

 もう1人の女の子も、選んだ着物は無地っぽい着物でした。

 

                    

 

                    

 

 彼女も好みの帯を当ててみて、とても嬉しそうでした。

 

                    

 

 せっかくなので華やかな着物もはおってみましょう!と、ぐっとイメージを変えてみると、また素敵。

 

                    

 

 ドレスアップされて、パーティに出たら注目されそう。

 

 留学生なので、日本語も良く理解されていて、とても楽しかったようです。

 

 みんなに可愛い、綺麗、って言われるのは世界中のどんな女性でも1番嬉しい言葉ですよね。

 

 呉服売り場だと、こうしたシーンはこの後が怖いものですが、帯屋捨松のイベントではそんな心配は無用です。

 

 色と遊ぶ

 

 色をまとう

 

 それをみんなが楽しんだひとときでした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


展示会「響きあう彩り〜色と遊ぶ、色をまとう〜」

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

3日目です!

毎日お天気に恵まれ、たくさん来ていただき嬉しい限りです。

 

 

普段にも特別な時でも締めて頂ける楽しい帯と、
蒔糊技法の手仕事の着物がとてもよく合います。

 

 

3日間風が抜ける心地よい陽気です。

社員たちも初夏のコーディネートで着物を楽しんでいます。

また後日アップしますね。

 

 

陣内久紹氏の夏物

 

銀河を表現した雄大でお洒落な着物です。

 

今回は帯屋捨松の帯と陣内久紹の着物を合わせています。

 

 

両氏の作品が一堂に集う機会ですので是非お出かけくださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM