由佳理さんの水彩画

JUGEMテーマ:ギャラリー

 

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 友人の小畠由佳理さんの水彩画の個展があり、見に行きました。

 

                  

 

 コミュニティ嵯峨野の中の、全国手話研修センター内のカフェ「トゥッティ」に、今回は向日市の古い旅籠冨永屋(残念ながらもうありません)と、大阪、尼崎、の古い銭湯を描いた水彩画が並べてありました。

 

                

 

 由佳理さんはここのおくどさんで炊かれたご飯を食べたそうです。

 

                       

 

 おこげがおいしかったそうです。

 

 残念なことにもうこの建物はありません。

 

 たくさんの旅人たちを迎えてきた、歴史ある建物だったのに、本当に寂しいお話です。

 

 同じような銭湯も描かれています。

 

                

 

 ニューヨークの自由の女神が迎える銭湯は、ニューヨークで、入浴というタイトル。

 

 二階はかつてダンスホール、ビリヤード、で賑わっていたそうです。

 

                   

 

 お正月には赤い「ゆ」となり、お正月の飾りが迎えていたようです。

 

 この銭湯も今は廃業され、建物だけは残っているそうです。

 

 あとのレトロな銭湯や、小さな銭湯は今でも営業しているそうです。

 

                 

 

                    

 

 どこも、タイル絵に凝っていたり、建物としても手の込んだ面白い建物で、人々に愛された歴史を感じさせます。

 

 由佳理さんは子供の時の高熱で聴覚を無くしました。

 

 読唇術を必死で体得して、今でも手話はほとんど使っていません。

 

 けれども、今年は新型コロナのせいで皆がマスクをして、話を読み取ることができず、とても不自由な思いをしているようです。

 

 今はテレビでも会見の時など横に手話で伝える人が立つようになり、ずいぶん手話が受け入れられているように思いますが、手話を否定する時代もあり、様々な葛藤があったようです。

 

 カフェの中には絵本や京都案内の本とともに手話関係の本もたくさん置いてありました。

 

                   

 

 京都の地名や寺院なども、手話ではどう表現するのか、そんな本もあり、英語ではどうか、指文字の表とか、いろいろと置いてあり、これからは結構必要なものではないかと思いました。

 

                   

 

                   

 

 マスクをする生活がいつまで続くのかわかりません。

 

 普通に聞こえる私たちよりずっと不自由な毎日を暮らしている人たちのことをあらためて考える機会になりました。

 

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


西陣麦酒「タップガーデン」〜西陣織会館

JUGEMテーマ:グルメ

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 西陣で生まれた、クラフトビール工房「西陣麦酒」http://nishijin-beer.com/index.html

 

                      

 

 西陣織会館入口テラスで、屋外イベント「タップガーデン」が開催されています。

 

 9月18日(金)17:00〜20:30(LO20:00)

 

 9月25日(金)17:00〜20:30(LO20:00)

 

 9月26日(土)15:00〜20:30(LO20:00)  

 

                      

 

    ※新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の
    今後の拡大状況に応じて日程・時間・内容等変更となる場合があります。
    ご了承いただきますようお願いいたします。
    ソーシャルディスタンスを保ちつつ、屋外だからと油断せず

    十分な対策の上で実施をいたします。
    ご来店頂く皆様におかれましても

    ご協力の程どうぞよろしくお願いいたします。

 

                                        

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


世界のお菓子展

JUGEMテーマ:京都の和菓子

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 京都市上京区の、同志社大学のすぐ近くに、京菓子資料館というのがあります。

 

 そこで開催中の世界のお菓子展を観に行きました。

 

                 

 

                 

 

 入場無料、写真も撮っていいですよ、ということです。

 

                 

 

 入ってすぐに、立派なお花がいけてあると思ったら、それもお菓子でできていました。

 

                

 

 観賞用菓子というもので、京都のお菓子屋さんには季節に合わせてよく飾ってあります。

 

 とても綺麗です。

 

 そして、日本、インド、フランスのお菓子の神様にまつわるお話。日本では田道間守(たじまもり)が、不老不死の妙薬として橘を天皇に差し上げたことから、菓祖とされているとか。

 

                   

 

 日本のお菓子と世界中のお菓子が紹介されています。

 

                

 

                

 

                   

 

 馴染みのあるお菓子や珍しいお菓子、美味しそうです。

 

 見終わって、せっかくなのでお菓子とお茶をいただきました。

 

 橘のお菓子、常葉(とこは)です。

 

                

 

 万葉集にも、橘の素晴らしさが歌われています。

 

 爽やかな柑橘系の香りがして、とても美味しいお菓子とお茶でした。

 

 本当なら京都は祇園祭の鉾があちこちに建てられていたはず。

 

 長刀鉾の立派な軸がかけられていました。

 

                   

 

 すこし寂しい。

 

 「洗心」の軸はすぐ近くの相国寺の管長様の字、ということでしたので、その後相国寺へ足を運びました。

 

                        

 

 きれいな蓮の花がまさに、心を洗ってくれるような、清々しさでした。

 

                   

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


蒔糊ワークショップリハ

JUGEMテーマ:京都

JUGEMテーマ:着物 きもの

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 

昨年もコラボ展をさせていただいた蒔糊友禅の陣内久紹・章代氏との楽しい企画を考え中です。

http://jinnouchisomeori.com/

 

その中のひとつ、久紹氏の職人技である蒔糊をワークショップとして提供出来ないか考えていて、

リハーサルとして捨松のみんなでプレ体験をしてみました。

 

 

久紹氏から丁寧な説明を受けて、工程の多さに驚きます。

今回は型紙を用いて蒔糊をふる作業を中心に体験します。

 

 

絹を濡らして型紙を置いて閉じます。

その作業も不慣れなので難しいです。

実際お客様にして頂く際の改良点もすでに見え隠れ・・・

 

 

蒔糊をふっていきます。

この蒔糊も久紹氏のお手製の貴重なものを使わせてもらえるとのこと♬

 

 

均一に振らないといけませんがやはり難しいです。

でもそれも味があって善し。

 

型紙を外すと絵が出来ています。

 

 

そのあとは振りすぎた蒔糊をはじく作業もします。

 

最初は恐る恐るやっていた作業も慣れると大胆に出来るようになりました。

 

染めと仕上げは陣内夫妻にやってもらって来週出来上がります。

蒔糊の部分が染まらず白になるのでイメージががらっと変わると思うとそれも楽しみです。

 

皆様にご案内できる様に少し修正、改良をして改めてお知らせしたいと思います。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 


花展

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 京都御所の西に、花工房という素敵なお花屋さんがあります。

 

 そこの代表取締役会長である辻井季生(やすお)さんの個展「花展」を見に行きました。

 

                   

 

 相国寺の塔頭の1つ慈照院。

 

 非公開文化財とされていて、普段は入ることができません。

 

 初めて足を踏み入れました。

 

 門をくぐってすぐに、枯山水の庭に作品が並びます。

 

                

 

 丸い苔玉がリズミカルに散らされて、面白い作品です。

 

                   

 

 入り口近くにはとても大きな迎え花。

 

                

 

 おもてなし、と書いてありました。

 

 靴を脱ぐところにも美しい花。

 

                     

 

 新型肺炎の影響で、もしかして中止になっていないか、と心配しながら来たのですが、次々にお客様が見えて、広いお寺なのにとても盛況でした。

 

 中の作品は、写真を撮ることができず、代わりに、写真集を後日発売されるとか。

 

音楽と光と花、苔玉、を自在に扱ったとても面白い作品で、そのデザイン画もその写真と共に見られるそうなので、予約して帰りました。

 

 アートフラワーデザイナーとして、国内外で活躍されていらっしゃる辻井さんは、入り口にいらして、皆さんと楽しそうに歓談されていました。

 

 花工房のお店でも苔玉作りのワークショップをされていて、人気のようです。

 

 一度行ってみようかな。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


ミスミノリコさんのダーニングWS

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

由希子です。

以前、ダーニングの記事を書いたのですが、

http://obiyasutematu.jugem.jp/?day=20180730

あれから繕いたい服は増えるものの取り掛かれないままで…

これではいかんとミスミノリコさんのダーニングワークショップに参加してきました。

 

 

機織りをしているとどうも注意力が足りないのか、

機から出ている木やら釘・ネジに引っかけて穴が開いてしまったニットたち…

 

 

ざっくりしたニットには太めの毛糸で縦糸を張っていきます。

 

 

横糸を交互に通し、繕っていきます。

初めてだったので四角くダーニングしましたが、

見本には丸や三角にしていたり、周りにステッチを施したりして

かわいいデザインになっているものがありました。

 

 

これは薄手のニットに開いてしまった穴に羊毛を乗せているところ。

ニードルパンチの方法(羊毛を専用の針で刺し、糸を絡ませることでフェルト化する)で、

直していきます。

 

 

ちっちゃなハートができました!

 

 

この日の参加者全員のダーニング作品。

いろんな表情があって面白いです!

ワークショップはこうやって他の人が作ったものも見れるのがいいですね!

どれも味があってかわいかったです。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 


上京文化絵巻

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 3月14日(土)に上京文化絵巻 第7巻「お茶の心 和と共に」が開催されます。

 

                

 

1 日時

令和2年3月14日(土曜日) 午後2時〜午後3時30分(開場・受付開始:午後1時30分)

2 場所

京都ブライトンホテル 地階「英(はなぶさ)の間」(上京区新町通中立売)

3 講師

千 玄室 氏(裏千家15代・前家元)

講師プロフィール

大正12年,京都府生まれ。昭和24年,若宗匠。昭和39年10月,裏千家第15代家元となり今日庵庵主として宗室を襲名。平成14年12月,嫡男宗之氏に家元を譲座し,大宗匠。

4 テーマ

『お茶の心 和と共に』

5 定員

300名(事前申込制・申込多数の場合は抽選)

※抽選の有無にかかわらず,受講者(代表)に参加証を送付します。落選者には通知しません。

6 参加費

無料

7 申込み

令和2年2月7日(金曜日)から2月29日(土曜日)までに「京都いつでもコール」へ電話,FAX又はホームページ(応募フォーム)でお申し込みください。
申込みの際に,(1)氏名(ふりがな) (2)郵便番号・住所 (3)電話番号 (4)同伴者全員のお名前(ふりがな)をお伝えください。

 「京都いつでもコール」 受付時間 午前8時〜午後9時(年中無休)

電話 075−661−3755,FAX 075−661−5855 ※お掛け間違いに御注意ください。

応募フォーム(以下のホームページから)

 

8 主催

上京区文化振興会・上京区役所

9 問合せ

上京区役所地域力推進室まちづくり推進担当(電話:075−441−5040,FAX:075−441−2895)

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


婦人画報と京都

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 ジェイアール京都伊勢丹の美術館えきで、開催中だった、「婦人画報と京都」をみに行きました。

 

                  

 

 中は撮影禁止でした。

 

 カタログだけで、想像してみて下さい。

 

 明治38年に、国木田独歩が編集長となり、新しい女性たちのための総合雑誌「婦人画報」が創刊されました。

 

 女学校が各地に設立され始めたり、職業婦人と呼ばれた社会で働く女性たちが増え、(ほとんどの女性はそれまで家庭内の仕事)新しい時代を切り開く女性たちのために、衣食住のみならず、知識、流行、文学、趣味などのさまざまな情報を届ける雑誌です。

 

 入り口付近には、時代を映す表紙の変遷。

 

               

 

 創刊号は当時のヨーロッパ美術の影響そのままに、アールヌーヴォー調。

 

                    

 

 大正モダンを経て昭和の戦前まではおしゃれな表紙です。

 

                   

 

                   

 

 戦時中も一度も休刊しなかった婦人画報も戦争の色濃い表紙となります。

 

                   

 

 そして戦後、暗い時代から解放されてたくましく生きていく女性たちを応援して、どんどん華やかにのびのびとした雰囲気の表紙になっていきます。

 

                    

 

 あるときから女優さんたちが表紙を飾るようになっていきます。

 

                    

 

 映画やテレビが影響しているのでしょう。

 

                   

 

 そうして最近の表紙へ。

 

                   

 

 婦人画報のみならず、京都の特集は、季節ごとにどんな雑誌にも載っていますが、特に、長きにわたり、京都の「美しい日本の技、人、家」を掲載して来たとのこと。

 

 先代、先先代、との貴重な写真や対談なども紹介されていました。

 

 各家々の貴重なものが展示されています。

 

                    

 

 どれも美しく、高い技術と美意識により作られ守られてきたものばかり。

 

                  

 

 そして受け継がれて「これから」へ。

 

 新しいこれからの時代、どんな風に変わっていくのでしょうね。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


仕立て屋のサーカス

JUGEMテーマ:音楽

JUGEMテーマ:演劇・舞台

JUGEMテーマ:アート・デザイン

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

由希子です。

京都精華大学で行われた、仕立て屋のサーカスの公演を観てきました。

https://www.circodesastre.com/

 

会場に入ると、中心に舞台があり、それを360°囲むように布を敷いた床席と椅子席があります。

天井から布がたくさん垂れ下がっています。

 

 

会場の後方には飲食雑貨ブースがあります。

四月の魚、ポノポノ食堂、仙人スパイス純胡椒、PEOPLE BOOKSTORE。

 

 

 

四月の魚のホットドッグに、

ポノポノ食堂のシナモンロールとホットコーヒーを注文しました。

尾道 パン屋航路のコッペパンに自家製ソーセージのみのシンプルなホットドッグ!

肉!を感じるソーセージは、皮はパリッと中はジューシーで美味しかったです。

 

 

子供たちにお菓子を配りながら音楽家・曽我大穂さんが登場し、

服飾家・スズキタカユキさんが吊ってあった布をめくりあげ、

文字どおり幕開けとなりました。

 

スズキタカユキさんが床に散らばっている布、天井から垂れている布を、

楽器を替えて演奏し続ける曽我大穂さんにくくりつけてはジャキジャキとはさみで切っていきます。

 

音源に生演奏を重ね、はさみの音が響き、観ている子供たちの声があちこちから聞こえます。

ブーブークッションを近くにいたお客さんに渡し、音で会話する場面もありました。

 

演劇なのか、音楽なのか、ファッションなのか…

光と音楽と布で作り上げられた不思議な空間でした。

 

 

 

奥がスズキタカユキさん、

手前の、布を背負っているのが曽我大穂さん。

まるで連獅子の獅子のようでした。

 

後半、物語を朗読する場面も見られましたが、

ストーリーとか“意味”ではなく、「感じる」「自分も空間の一部になる」“体験”なのかなと思いました。

 

 

観ている子供たちが床に散らばっている布を自分の体に結んだり、

音に合わせて踊ったり、

紙吹雪を浴びようと近寄っていく姿はとても微笑ましかったです。

 

ついつい“意味”を読み取ろうとしてしまいますが、子供たちのように純粋に楽しむこと、

頭を解放することの心地よさに触れられた時間でした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 


書道展

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 毎年1月に大阪のあべのハルカス近鉄本店で書道展があります。

 

 今年も見に行きました。

 

 去年は、中央のステージで、書道の実演である、揮毫会(きごうかい)の時間に行ったので3人の先生のパフォーマンスが見られたのですが、今年は時間が合わなかったので上から見ると皆さんの座って見るスペースになっていました。

 

                

 

 先生の作品は、今回1番アート感の強かった作品の隣でした。

 

                    

 

 なので一度見落としてしまい、また、見直しに回って見つけました。

 

 いろいろな作品があり、いつも楽しみにしています。

 

                    

 

 毎年、えとの文字を応募してあり、小さな子供から大人まで、葉書大のえとがたくさん展示されています。

 

                    

 

 関西を代表する先生方の素晴らしい作品を見た後、また、この素朴な文字にも癒されます。

 

                 

 

 特に小学生とかの文字が好きです。

 

 今年は子。ねずみ。

 

 来年は丑。うし。

 

 私も、子供の心で書いてみたいなと思いました。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 


calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM