京絞り寺田×帯屋捨松展 無事終了しました。

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 京絞り寺田×帯屋捨松展 左近の桜 右近の橘をテーマに、草木染作品を中心に展示しました。

 

                

 

 帯屋捨松の帯をたくさん見たいという、ご要望にお応えして開催している展示会です。

 

 せっかく見て頂くのならと、毎回趣向を凝らして、開催しております。

 

 おかげさまで、三日間のべ100名を超えるお客様に、お越しいただきました。

 

                   

 

 工房見学や絞りや織りのワークショップ、そして、今回は、ふくいひろこさんに御茶箱の楽しさを、伝えてもらいました。

 

                   

 

                   

 

 もっと気軽に抹茶を楽しもうという趣旨で、好きなお茶碗と帯屋捨松の帯の生地で作った古帛紗を選んでいただいて、飲んでいただきました。堅苦しい作法は置いておいて、まず、お茶を楽しんでいただき、その後、深く知りたい方は、お稽古に励んでいただければ嬉しい限りです。

 

                

 

 寺田氏による、草木染についての興味深いお話や、工房見学の後で帯を見ると、より理解が深まったと感想をいただきました。

 

                   

 

 また、コーディネイトやTPOについての質問も多く、気軽に相談に乗ってもらえる場が、もっと必要だと感じました。

 

                   

 

 近畿一円はもとより東京や岐阜、福岡からもお運びいただきました。皆様、たいへん熱心でより深く、きものや日本の文化について知りたがっておられることが、よくわかりました。

 

 我々も目先の売上を追うのではなく、いかに興味を持ってもらい、楽しんでもらうことが和装の振興にもつながると思います。

 

 理想は、同時期に西陣界隈で、皆さんが趣向を凝らして展示会をし、きもの姿の方で溢れるようになればいいなあと妄想しております。(笑)

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


<捨松の帯が見られる展示会情報〜東京・京都〜>

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

年5月に捨松で開催した「響きあう彩り展」で、カラーコーディネート講座をしてくださった能口祥子さんが、東京と京都で素敵なイベントを開催されます!

 

                                                     

 

その名も「あなたの「華やぎカラー」を見つけよう!二百色から選ぶ紬色無地のお誂え会」です。

 

能口さんが丹後ちりめんの織元であるワタマサ様との共同企画で、3年かけて完成させた200色の生地見本の中から自分に合う色を選んで色無地を誂えることができる素敵なイベントです。

自分では思ってもみなかったような色との出会いが、あるかもしれません。

ぜひお近くの方はお立ち寄りくださいませ。

 

詳細はあふ様のホームページにてご覧ください。

 

                  

 

以下あふHPより抜粋↓

 

着物はまとう面積が大きいので、お色選びでその人の印象が大きく変わるもの。

見た目も心も「華やぐ色」の一枚と出会いたいものです。

色彩総合プロデューサー能口祥子を筆頭に、KICCA(きものカラーコーディネータ協会)の頼もしい「きものカラーコーディネーター」が、その人の魅力を最も引き立てる「華やぎカラー」を、確かな目でお見立ていたします。

この秋、あなたを一番輝かせてくれる「華やぎカラー」で、お気に入りの色無地をお誂えしませんか?

 

お誂え以外の方も、お気軽に二百色の色見本を見にいらしてください。

 

 

【イベントHP】:あなたの「華やぎカラー」を見つけよう!二百色から選ぶ紬色無地のお誂え会

http://afu.kyoto.jp/?p=210&fbclid=IwAR1J6_yg257yx6nWpIQcig2J3Vlv-vV-RlPNhgctjRIBcquFm0jCf3qUgqI

■開催情報

◆東京

●日程・時間

11月1日(金)12:00〜18:00

2日(土)11:00〜18:00

●場所

スタジオアレコレ

東京都中央区日本橋人形町1-4-6市川ビル1F

http://www.arecole.com

 

◆京都

●日程

11月15日(金)、16日(土)、17日(日)

●時間

11:00〜18:00

●場所

スタジオキッカ

京都府京都市中京区三条通高倉東入ル桝屋町57

京都三条ビル401A    tel: 075-746-6433

 

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


展示会案内「帯屋捨松×京絞り寺田展」

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

今年も恒例の「帯屋捨松×京絞り寺田展」を開催いたします。

毎年テーマを決めて展示していますが、今年のテーマは「左近の桜 右近の橘」です。

 

捨松が桜、寺田が橘を使った草木染作品を展示いたします。

草木染ならではのやさしい色合いをぜひご覧ください。

 

通常の着物と帯もコーディネートで展示いたします。

また、捨松の手織り工場の見学と実際に帯を織っている機で織る機織り体験、絞りを自分で絞ってつくる帯揚げ作り体験などワークショップも盛りだくさんです。

見てみたい、着てみたい、知りたい、買いたい、どなたでも歓迎ですのでお気軽にお越しくださいませ。

 

 

また、帯と着物の展示に加えて水円舎のふくいひろこさんによる「茶箱あそび」の茶箱も展示いたします。(茶箱の展示は9,10日限定)

ふくいひろこさんは“まずは気軽にお茶を楽しむこと”をテーマに、作法などにとらわれ過ぎないお茶の楽しみ方を提案されています。

「茶箱あそび」の本も出版されており、その本の中からいくつか茶箱を展示していただく予定です。

 

入場料や入場券はいりません。(※機織り体験、絞り体験は別途参加費がいります。帯・着物の購入はクレジットカード可)

買わないと出られないような怖いイベントでもありません。

着物を好きな方たちが集まってワイワイと楽しんでもらえるようなイベントにしたいと思っています。

ぜひどなた様もお気軽にお越しくださいませ。

 

 

 

【 展示会詳細 】

とき:2019年11月8日(金)〜10日(日)/ 午前10時〜午後18時

ところ:帯屋捨松 本社&工場

        (〒602-8201 京都府京都市上京区笹屋町通大宮西入ル桝屋町609)

 

<ワークショップお申込み&お問い合わせ>

有限会社 帯屋捨松 075−432−1216

          info2@obiyasutematsu.co.jp  

 

↓↓ワークショップ・茶箱あそびの詳細はこちらをクリック(案内状)↓↓

 

 

 

 

 

            

 

             

   

              

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


わくわく電車王国2019

 

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 製造部の俣野です。 

 

 お盆休み電車好きな孫たちと遊んできました。 https://www.miyakomesse.jp/train2019/

 

                 

 

 これは下から上までレールがびっしり、各層にプラレールの列車が走っています。

 

                   

 

 色々な電車の名前を言われても爺爺分かりません!

 

 広い会場でこのコーナーに何時間もいて、なかなか前に進みません。 

 

 このコーナーは持ち込んだプラレールの電車を走らせることができるので、孫も一所懸命走らせてニコニコです。 

 

                   

 

 大好きな阪急電車前でハイポーズ 

 

                   

 

 鉄道模型の運転体験では一所懸命走らせていましたが、うまく行かなくて苦笑い! 

 

                   

 

 制服を借りてハイポーズ

 

                   

 

 楽しい1日でした。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


草木染め研修会3

JUGEMテーマ:着物 きもの

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

帯揚げが染まり、一旦お昼休憩です。

 

京北町の甘いトウモロコシのおにぎり

疲れた体にとっても美味しかったです。

 

 

お腹が満たされたら次は糸を染めます。

真綿のものを持って行きました。

 

同じように湯で洗って、染料を吸わせていきます。

帯揚げとは違って水を多く含むので重く、

立ち昇る湯気が暑いです。

汗をかきながら、染めの大変さを実感します。

 

 

こちらも灰汁媒染をしました。

きれいな桜色に染まりました。

 

何を織ろうかな、色々イメージがわきますね。

染めが終わって、陣内夫妻の工房を見学しました。

 

 

ワークショップ後に見る色とりどりの糸は見る目が変わります。

こんなに鮮やかな色や優しい色も出るんだ、と興味がわきます。

 

 

色々、参考になる話や刺激を頂きました。

 

お二人の工房は整理整頓されていて、

道具たちの居場所もそれぞれにちゃんとあり、しばし活躍の時を静に待っていました。

ものづくりの良い現場を見せて頂きました。

 

 

http://jinnouchisomeori.com/

良い交流会になったと思います。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 


草木染め研修会2

JUGEMテーマ:着物 きもの

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

草木染めワークショップ2日目は人数も少し増えて8名です。

暑くなりましたが、染料で火傷をしないように、軍手と厚手のゴム手袋をします。

 

 

絹の帯揚げを各自染めます。

まず、染下の帯揚げを湯で洗い、埃や油分を洗い流します。

 

そして、昨日煮出した桜の染液に漬けて染料を吸わせます。

 

吸わせては絞り、を繰り返して絞って、空気や陽に当てて少しづつ色が変化していくのを見ます。

 

 

媒染は、灰汁と鉄としてみます。

 

灰汁媒染は自然のものなので色はそこまで変わりません。

染料と、生地とを定着させる作用があります。

 

 

鉄媒染の方はきれいなグレーに染まりました。

水洗いをして干します。

 

 

写真左の4枚は染液1、2煎目で右側が3煎目です。

わずかに色が違いました。

 

 

みんなお気に入りの1枚が出来て嬉しい表情です。

苦労して染めたものは愛着がわきますね。

 

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


草木染め研修会1

JUGEMテーマ:着物 きもの

JUGEMテーマ:京都

JUGEMテーマ:クラフト・手芸 色々

 

 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

今年5月、一緒に展示会をした陣内久紹・章代さん夫妻の京北町の工房で、

章代さんご指導の下、草木染めワークショップの社内研修をしました。

 

今回は、枚方から来た桜の枝木を使わせてもらいます。

花の咲く前だったそうです。

前日から煮出し、染液をとります。

 

乾燥しているのでポキポキ折れますが、太い部分は力が要ります。

 

 

今回は1煎目2煎目の染液と、3煎目、4煎目と4回染液が取れました。

紅茶みたいな赤みのある澄んだ濃い色がとれました。

 

 

 

辺りに、桜の甘い香りが広がります。

ルイボスティーの様な、木と芽のこっくりした良いにおいです。

 

 

 

 

1日目はここまでにして、

その日は夕方から懇親会をしました。

 

章代さんが、京北の美味しい野菜でたくさんご馳走を作ってくれていました。

 

 

捨松のみんなも丸鶏のダッチオーブン焼きや一品おかずを持ち寄り、

色んな話をして交流しました。

 

 

 

次の日の染めに向けてパワーチャージです。

 

 

陣内さんちは大きな木が良い影を作ってくれていて、

台風一過の心地よい夕方でした。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 


丹後藤布と相楽木綿

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

  人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 京都嶋臺ギャラリーで「京都の北と南の織物丹後藤布(のの)と相楽(さがなか)木綿」という展覧会がありました。

 

                   

 

 同じ京都府でも、海の京都、と呼ばれる日本海側の丹後半島の山間部で織られている藤布、藤織り、が保存会ができて35周年、

 

                   

 

 京都府の南側相楽村(現木津川市相楽)の相楽木綿伝承館ができて10周年、ということで、合同記念展を企画されたそうです。

 

                   

 

 藤布は、藤の皮を剥ぎ、アクを抜いたり柔らかくしたり、細い糸になるまで大変な手間がかかります。

 

                

 

                   

 

               

 

 北海道と沖縄を除く全国各地で織られていたようで、古くは万葉集にも「藤衣」という言葉が残されています。時代の流れの中で消えて行き、今は貴重な織物になりました。

 

 会場では帯や小物に、インテリアに、と、生成り色の味わいのある作品が並んでいました。

 

 相楽木綿については、全く知りませんでした。

 

 相楽村では、江戸時代から綿作が盛んで、美しい藍染の絣の着物が織られていたそうです。

 

               

 

 機織り機も置いてありましたが、大和機、やその改良機のチョンコ機、と呼ばれる小さく原始的な機織り機で、あまりスペースを取らずに作業ができそうです。

 

               

 

 そこからとても美しい絣の着物が生まれてくるのですね。

 

 どちらも決して派手ではありませんが、ものとしての美しさが、凛としていて、魅力的でした。

 

 大切にしていきたい織物です。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


服のかたち/体のかたち

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

由希子です。

久しぶりに三宮へ出かけました。

 

濱田明日香さんのブランド THERIACA(テリアカ)の展示『服のかたち/体のかたち』を観るためです。

http://www.theriaca.org/

 

 

その前に腹ごしらえを…

センタープラザのサヴォイに行きました。

 

 

メニューはビーフカレーのみ。

カウンター10席ほどの店内に入ると、すぐさまごはんの量を聞かれます。

トッピングで生卵がつけられるようです。

 

 

サフランライスにさらっとしたビーフカレー。

程よい辛さでペロッと平らげてしまいました。

 

 

そこから海の方、東遊園地・花時計方面へと歩きます。

デザイン・クリエイティブセンター神戸(KIITO)は、もともとは生糸検査所だったところだそうです。

今は会議室・ギャラリースペース・レンタルオフィスとして使われています。

 

THERIACAの展示は、ギャラリーの中でも搬入口としても使われているスペースで、スロープや脚立を活かした見せ方になっていました。

 

 

フライヤーに載っている[はしご]など、モノのかたちからインスピレーションを受けた服や、

 

 

[T型]など、平面に置いたときにはシェイプそのものの布が、人が着ると変化する『かたちの服』、

 

 

1枚の大きな四角形の布を服に見立てた『ベッドシーツの服』の3つから構成されていました。

 

 

他にはコラージュやアイデアを書き留めてあるノートやサンプルの展示など。

どれも服の既成概念にとらわれないものばかりでした。

 

 

 

濱田さんのパターン本を1冊持っているのですが、まだ作ったことがないのでこの夏挑戦したいなと思っています!

 

 

 

 


柳宗理記念デザイン研究所

JUGEMテーマ:旅行

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

金沢からひがし茶屋街への行き道にふと、柳宗理記念デザイン研究所というのがあり立ち寄りました。

 

父は民藝運動の中心人物、柳宗悦である有名な工業デザイナーです。

http://www.yanagi-support.jp/

 

金沢美術工芸大学の教授であった縁で近年設立されました。

 

 

定期的に展示が変わり、気軽に作品に触れることができます。

https://www.kanazawa-bidai.ac.jp/yanagi/

 

 

鳥取、牛ノ戸焼を思わせるテーブルコーディネート

持ち手が木のカトラリー、良いかも。

 

 

島根、出西窯シリーズ

 

 

どしん、とした急須がかっこいいです。

 

 

柳宗理のキッチンツール

 

 

洗練されたデザインで使いやすさは抜群です。

 

 

民藝運動をしてくれていて良かった、とつくづく思います。

全国で気になる窯元や民芸館などに行ってみるとほとんどリーチさんや柳宗悦との関わりがあります。

 

 

用の美、暮らしの道具に見出した美しさ。

 

例えば、西陣織は、帯屋捨松の商品は、民藝になりえるだろうか。

工芸品としての認知はあるけれど、もっと身近に、もっと日常に、

帯屋捨松のものづくりが存在すれば良いのにな、と考えながら見ていました。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです

 


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM