多色箔袋

JUGEMテーマ:着物 きもの

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

多色箔袋という種類の袋帯です。

                 

この織種の特徴は地だけではなく胴にも引箔を引いているのが特徴です。
 
織前に引箔をセットする台を取り付けます。

             
 
セットする台も機料品では、無いので全て手作りです。

             

柄にもよりますが、9丁も引箔を引くことがあります。

その他に糸や金糸が2030丁あります。
 
裏は引箔以外は縫分けをするのでこんな感じです。

             
 
織手さん泣かせの難しい織種ですが、織り上がった時の喜びはなかなかのものです。

                  


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 

太箔斜子袋

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 通常の箔よりも、倍以上太い箔を使っているのでダイナミックな表現ができます。

 太い箔を織り込むために、組織も柄のある部分と無地の部分を変えて織っています。

 また、太箔は、織る時に折れやすいので大変神経を使います。

       

 カシミア大唐花文

       

 唐花蒲萄文

       

 松寿文
 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。


上代絣袋

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 上代絣袋は、手括りの絣の帯です。

 手括りの絣とは、1色ごとに柄に合わせて計算し、経糸もしくは、緯糸を括って染めていく技法です。それを色の数だけ繰り返します。

 その絣の職人さんも、西陣地区には数名しかおられません。

 また、櫛織なので、絣に深みが出ます。

       

 アドナラ絣

       

 レンバタ絣

       

 十字菱絣

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。



 

箔宋綴

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 箔宋綴の紹介です。

 スクイ織りで、地に引箔を引いています。

 経糸を引箔用の竹ヘラですくうのは、高度な技術が必要です。

 引箔が使用されているので、糸だけで織るのと違い、光沢と品格が表現されています。

 大変軽く、お茶席などにも向く、おしゃれな柄が多いです。

       

 扇面がくうつき

       

 上代果樹円文

       

 万暦華文

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

雅紬

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 雅紬の紹介です。

 手織りの紬地の袋帯です。

 経糸(たていと)と地緯(じぬき)に半練状態の糸を使っているために、柔らかいけど張りのある絶妙の風合いが出ています。

       

 トルファン葡萄文

 特に、柄に献上(たてじま)が入ると、織っているうちに経糸が緩むので、調整がいります。一苦労です。

       

 鉄仙唐草文

       

 つるの実文

 紬地ですので、織物のきものによく合います。おしゃれです。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。


乱れ錦九寸

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。
 

 錦地なので経糸(たていと)が表に多く出る生地です。

 

 乱れとは、経糸が筬(おさ)に規則正しくは入らずに、ランダムに入っている状態を表しています。

          

ただし、好きなように入れるのではなく、筋が立たないように計算されています。

 

 手織りなので、厚みのある手触りで、錦地ならではの風合いのある締め心地の良い帯です。

       


 小花唐花文

         

 十二支文

         

 花籠文


 
 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。



古代綴

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします.
 

 綴織ではあるが、使用する糸が普通の光沢のある綴糸ではなく、風合いのあるビス糸というのを使い、地ヌキにも3、4色を合わせて織り、深みを出しています。また、竹筬(たけおさ)を使用し、よりムックリとした風合いになるようにしています。

 

 通常の綴織と同じように、経糸(たていと)の下に図を置き、その絵に合わせて織っていきます。細かい柄やボカシもあるので、大変時間のかかる帯です。

 

 それゆえに、個性的な柄が多く、他の帯にない味わいがあります。結城紬などに合わせると大変素晴らしい着姿になります。

     

 クレタ陶文

        

 長谷の庭

        

 印華布

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。





400摺箔

 
 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 摺箔とは、もともと金箔を糊や漆などで生地に付着させる鎌倉時代から受け継がれてきた装飾技法です。古くは、中国・明代の印金の技法の流れを汲むものと思われます。

 ここでの摺箔は、時代を経て箔が剥落した感じを、主に引箔で表現した織物です。表面がかすれたような濃淡のある箔を生かすために、細い紬糸に引箔や駒箔、継箔などで織っているので、大変軽く、しなやかで締めやすい帯になりました。

 柄行も、大胆さの中に落ち着いた風情があるので、「通」好みの帯と言えるでしょう。

 結城などの織物の上にはもちろんのこと、染物の上にも合います。

       

 白鳳文

       

 中国古代壁画文

       

 軍扇蝶文

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。



上古倭錦


  人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 上古とは、歴史的には大化の改新あたりまでの時代区分で、大きくは「古い時代」という意味です。

 また倭錦(やまとにしき)とは、日本で織った錦という意味で、中国伝来の唐錦(からにしき)に対する言葉です。

 この織物の特徴は、筬(おさ)の代わりに櫛(くし)で織り、経糸(たていと)緯糸(ぬきいと)をよろけさせています。それによって、正倉院の古代裂のように、時代を経て、ほころびた感じを表現しています。そのために、柄を正確に織り出すには高度な技術が要求されます。

 またものによっては、より古い良さを表現するために、染め上がってきた糸に違う色を振ったりします。(振染)

 柄も、正倉院のものが多いですが、洋風の柄にもマッチします。

       

 正倉院双鳥文

       

 春日華文

       

 奈良華文


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM