都松庵

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

西村です。

 

二条城から南に少し行った堀川三条に「都松庵」というお店があります。

京都の色んなお菓子店にあんこを納めている製餡所「都製餡」の小売りとカフェです。

https://www.toshoan.com/

 

近くなので家用のあんこや、おやつ、進物用に何かと便利で、何より製餡所なので味は確かです。

 

 

少し前から京都のデザイナー、サノワタルデザイン事務所がお店の色々を総合的に手掛けていて

どんどんオシャレになっていくのでそこにも注目しながら見ています。

https://sanowataru.com/2019/10/22/yokan-for-coffee-package-design/

 

 

店舗デザインからパッケージ、メニュー開発などが洗練されていき、

あんこ、和菓子の良さを引き出していると思います。

中身は同じお菓子でも、パッケージによってギフトに選ぶかどうかが変わってきます。

このお店も数年前のパッケージデザインは古くてありきたりでしたが、

今は変わって商品のラインナップも増え販路を広げていて、学ぶ部分があると思っています。

http://okashi.info/news/2061
 

 

その都松庵本店のカフェでは夏のお楽しみ、あんこ乗せ放題(10玉まで)のかき氷があります。

味はマンゴー、生苺、宇治抹茶、黒糖きなこがあってどれも美味しそう。

 

 

あんこ好きにはたまらないですね。

他の人の画像↓ 迫力あります。

 

 

迷って宇治抹茶にしました。

あんこは最初に4玉お願いして、あとで2玉追加しました!

 

あんこはもちろん美味しいですが、氷が雪みたいに柔く一瞬で溶けます。

お値段も観光地で食べるより2〜3割くらい安いと思います。

かき氷のうつわもガラスから作家さんの陶器に変わりました。

スプーンも全国かき氷協会の専用スプーンで、細部にまでこだわりを感じます。

 

 

岡山産清水白桃のミルフィーユフラッペ¥580

果肉が柔らかくて美味しいです。

 

 

白あん×チーズケーキとかあんこ×シュークリームなど和洋組み合わせたスィーツも積極的に作っていて美味しいです。

前食べた黒胡椒とチョコレートのパンケーキも美味しかったです。

 

 

次は南高梅のかき氷を食べてみたいです。

 

他にも寒天や羊羹もカフェで食べられるので、

観光地や有名店に暑い中並ぶよりココなら安くて空いてて駐車場もあるのでおススメですよ!

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 

 


京都御所の皮財布

JUGEMテーマ:京都

西村です。

 

仙洞御所へ行った日に、京都御所も見学しました。

 

私もこんなに行っていながらあいまいな知識でしたが、

京都御所とは京都御苑内の北西に位置し御苑全体のおよそ4分の1ほどの敷地面積がある天皇のお住まいであった所です。

 

2017年より、申込不要で通年見学出来るようになりました。

 

 

清所門で手荷物検査を受け入ります。

玄関である御車寄、立派です。

 

 

諸大夫の間

外から襖絵が見れます。狩野永岳筆、鶴の間

 

 

新御車寄

大正4年の即位の礼に際して新設。

この辺りから紫宸殿にかけてものすごー広くて圧倒されます。

 

 

朱色が美しい承名門の奥に、右近の橘・左近の桜があり紫宸殿があります。

 

人が少なくて貸し切り状態・・・

白砂利の照り返しがきついですが、かえってそれが紫宸殿を神々しく見せています。

即位の礼で用いられた高御座、御帳台が今はここにあります。

即位の礼にそこまで興味があったわけではないのにいざここに立つと身近に感じてしまうので不思議です。

 

 

次に私が感動したのはこういう屋根の裏や漆喰の隅など、

埃がたまって汚れそうな部分が全くといって良いほど汚れてないこと。

 

昨日建ったのか?というほどピカピカで蜘蛛の巣1本付いてないことに驚きです。

立派な寺社仏閣でもたいていこういう部分は少しの埃があるものですが、

どんな目を凝らしても塵ひとつ見えませんでした。

 

 

日華門

 

 

春興殿

大正天皇の即位礼に際して、皇位継承のしるしである三種の神器の一つ「神鏡」を奉安するために建てられた建物です。

 

自由参観で見ましたが、日に4回ある職員さんの案内で見た方が色々と知れて良いと思います。

 

さて、捨松に御所関係の柄の帯が無いか少し探してみました。

 

 

多色箔 王朝絵本文

御所車が絵巻に描かれた雅な袋帯で波涛があしらわれたりして凝っています。

 

 

多色箔 花に御駕籠図

 

こちらも身分が高い方の豪華な駕籠や幕に華やかな装飾が施されています。

 

さきほど書いた、軒に塵ひとつ付いていないことからしても

今も昔も都人の美意識は細部に渡って研ぎ澄まされていたことが分かります。

 

自分もその歴史の一部として仕事に携わる身としては襟を正す気持ちになりました。

 

御所のもうひとつのお楽しみ

それは売店です。

 

最近、この菊の御紋入り本革財布がネット上でひそかに話題です。

国内の職人手作りの本革仕様で、お土産に喜ばれるそうです。

長財布でも1500円(!)

端材の再利用ではありますが、しっかりした造りでこれは安いです。

皇居と京都御所でしか売ってないので一時期は品切れ状態でした。

他にも造りの良いものが安価で買えます。

 

 

ボールペンとハンカチを買って修学旅行気分でした。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです

 

 


仙洞御所参観

JUGEMテーマ:京都

西村です。

 

しばらく休止していた宮内庁施設の参観が再開しています。

たまに思い立って行くと楽しいので機会があれば是非どうぞ。

 

往復はがきの申し込みばかりではなく、ネットからも申し込めますし、

意外と空いているのが当日の受付です。

今回は御所に寄った際に、「事務所に行ってみたら明日の午前中が空いてるかもしれませんよ」

と係の方が言って下さったので御苑内の事務所に行き翌日の仙洞御所参観の予約をしました。

 

 

今回は空いていて、10名ほどです。

案内員さんが説明しながら1時間ほどかけて周ります。

警備で警察官に見張られながらちょっとドキドキしますが、

今は人数を半分以下に減らしていて、申込人数も少ないのでおすすめです。

大宮御所お車寄

 

今回参観する大宮・仙洞御所とは、皇位を退かれた天皇の御所です。

大宮の方が后様用、仙洞御所は上皇様用でしたが、現在仙洞御所の建物はありません。

先日、京都新城の遺跡が発掘された所です。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO58995020S0A510C2000000/

遺跡は早々に埋め戻され、公開予定は無いそうです。

 

 

御常御殿と南庭(松竹梅)

海外からのお客様用に、ガラス戸とレースのカーテンに造り替えられました。

ここを通り過ぎるとメインのお庭へ。

 

 

わーっと開けたゆったりとした北池

仙洞御所は北池と南池に二分され、こちら北池は広く、船着き場があって遊覧されたりします。

紀貫之邸跡もあり、ここに住み同じ景色を見ていたのかと縁を感じます。

 

 

御所の水源は鴨川→琵琶湖疎水→地下水と変遷があります。

今は地下水で透き通った綺麗な水が流れています。

案内員が居られると細かいことまで知れて有難いです。

 

 

サツキが満開を迎えています。

いくつか橋を越え、鷺島という小島へ渡ると大きなシロサギが飛び立ちました。

なんとも優雅な光景です。

 

 

そしてマガモの親子も!

案内員さんも興奮で「こんなの初めてです、報告の為に私も失礼!」と写真を撮っていました。

自然いっぱいのお庭です。ひととき、皆で癒されました。

 

 

続いて八つ橋のかかる南池へと進みます。

琴の形を模していて、名は八つ橋検校より。

立派な藤棚で、咲いていれば以下の通り。

 

 

今年は従業員でさえも不在で誰も見れなかったそうです。

毎年GWが見頃です。

 

 

橋の内部は影になっていて涼しいです。

池には亀や鯉など生き物もたくさんいます。

 

 

そしてこの広々とした州浜が美しいです。

この石は小田原から船で来ました。

桂離宮にも州浜はありましたが規模が全然違います。

 

 

その畔に醒花亭という茶室・書院があります。

ここから見て美しいように南池、州浜がありました。

 

また、件の発掘場所を森の奥に感じながら進むと今度は侘びさびの茶室、

又新亭が現れ、茅葺きが風流です。

結界が張られるように竹の節を利用した垣が面白いと思いました。

 

 

ここまでで一周し説明は終わりですが、

案内員さんは後半ずっと「カラスが多いからヒナがさらわれないか・・・」

と心配していました。

無事育って欲しいです。

 

桂離宮にしてもいつも思いますが、

入ったとたん外の世界から切り離されたこの不思議な感覚がとても新鮮で好きです。

とにかく外の建物が見えないし気配も感じない、かの夢の国も顔負けのタイムスリップの世界です。

 

 

月見の燈篭ひとつとっても、デザインも素材もカッコいい、

茶室の設えもモダンであるし、ランドスケープが秀逸でよく考えられていて素晴らしいです。

 

この盛りだくさんの内容でなんと無料ですから、

行かない手はないです。

 

この日も老若男女、色んな世代が来られてたので気兼ねなく立ち寄ってみてください。

 

https://kyotopi.jp/articles/r8O6L

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 


大原の里へ

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 京都大原の里の駅へ行きました。

 

 外での朝市は、現在、自粛されています。

 

 旬菜市場は、やっています。

 

                    

 

 開店と同時に入ることが出来ました。

 

 ねらいは春の野菜と、山菜です。

 

                    

 

 店の中は、あらあら、密集状態に!

 

                    

 

 急いで狙いのものを見つけて、レジへ!

 

 レジの横には街中のお花屋さんではあまり見ないような花が売られていたりしますが、今は、会社のお客様も無いので、なんとなく飾る気持ちにならず、レジを済ませました。

 

 外は、八重の桜や菜の花。

 

                    

 

                    

 

 すっかり春です。

 

 手に入れた山菜、野菜、たけのこ、梅干し、すぐき、卵、そして、珍しいこの時期にしかない花山椒です。

 

                

 

 早速、筍は茹で、鶏ガラはぐつぐつ煮てスープを作りました。

 

                    

 

 季節はどんどん進んでいます。

 

 花で季節を感じ、旬の食べ物で季節を感じ、心を穏やかにしていきたいと思いますね。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


春ですね。

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 新型コロナで、関東では外出自粛要請が出るなど、気が滅入るニュースばかりですが、堀川通の桜が一杯花をつけていました。

 

                   

 

 陽光という種類の桜だそうです。

 

                   

 

 ソメイヨシノも一気に開花しました。

 

                

 

 のどかな春の光に包まれて、世間の喧騒を忘れさせてくれます。

 

                   

 

 パンジーや

 

                   

 

 ユキヤナギも枝一面に花をつけています。

 

                   

 

 コロナ禍もまだまだ終息のめどが立たない状況ですが、花で、少し慰められます。

 

 花見宴会は出来ませんが、出来る範囲で、季節が楽しめればと思います。

 

 一日も早く、この状況が落ち着くように願ってやみません。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


京都花だより

JUGEMテーマ:京都

JUGEMテーマ:神社仏閣

JUGEMテーマ:

西村です。

 

先の三連休の暖かさで一気に春めいて花が咲いたような気がします。

京都も桜の開花宣言がされ、今年は少し早いお花見シーズン到来でしょうか。

 


京都御苑の南西に位置する出水のしだれ桜が満開でした。

みんなこの好天に、外に出たくて仕方ないという感じで桜の周りは人だかりでした。

 

 

また日曜日には、少し山歩きに出かけました。

蹴上のインクラインから京都一周トレイルコースに入ります。

東大路丸太町の「ルバカサブル」でキッシュとパンをお昼に買っていきます。

https://tokyo-myboom.com/le-bac-a-sable-3836

 

 

インクラインも咲くと綺麗ですがまだまだでした。

 

 

山の中に入っていくと山ツツジがきれいに咲いています。

 

 

六又の七福思案処から山科方面へ下りて毘沙門堂を目指します。

 

 

境内は少し咲いていましたが、まだまだこれからですね。

満開になったらきれいでしょうね。

 

 

毘沙門堂から駅方面へ行くと疎水沿いに菜の花が満開で、

辺りは甘い香りに包まれていました。

 

早く感染症が落ち着いて、花を見てみんなで集いたいですね。

集会の自粛がこんなに経済と精神に響くとは思いませんでした。

 

束の間、春を心待ちにするひと時に癒されました。

帰りは地下鉄で蹴上に戻れるので、京都からの軽いハイキングにおすすめです。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 


長楽館

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 新型コロナの影響で、どこも自粛で人出が少ないです。

 

 どこかで、のんびりしたいねと思っていたところ、京都観光のオフィシャルサイトで長楽館のランチ企画を目にして、予約しました。https://ja.kyoto.travel/event/single.php?event_id=3091

 

 長楽館は、ずいぶん昔にお茶を飲んだ記憶がかすかにある程度です。https://www.chourakukan.co.jp/

 

 八坂神社から円山公園を横切って、向かいます。

 

               

 

 明治42年に国内外の賓客をもてなすための迎賓館として、たばこ王 ・村井吉兵衛によって建てられました。

 

 アプローチには、立派な灯篭があります。

 

                   

 

 玄関も豪華です。

 

                   

 

 予約の旨を告げると、2階に案内されました。

 

                   

 

                   

 

 最初に、スパークリングワインで乾杯です。

 

                   

 

 コースターは、たばこのパッケージですね。

 

 メインのビーフシチューです。

 

               

 

 普段は飲まなくても、ここでは頼みたくなる紅茶です。

 

                   

 

 静かな雰囲気の中で、のんびりと、食事ができました。

 

 食事の後は、館内の見学ですが、3階が見られなかったのは残念です。

 

                   

 

 眺めも良かったです。

 

                   

 

 バルコニー席もいい感じです。

 

                   

 

 たまには、のんびりいいものです。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


蘇隆窯 design week KYOTO

JUGEMテーマ:京都

JUGEMテーマ:アート・デザイン

JUGEMテーマ:ギャラリー

西村です。

 

 

デザインウィーク京都

今年で5回目となるオープンアトリエを巡るイベントです。

 

作家モノではなく中小企業のものづくりの現場が身近に見られるので、よりコアな知的好奇心を満たします。

 

私が訪れたのは東山の蘇隆窯「そりゅうがま」という窯元さんです。

 

 

福岡は小鹿田焼きの姉的存在である小石原焼の娘さんが京都の陶学校で学び、

その時の同級生であった清水焼の窯元の息子さんと出会い、ルーツの違う窯元のお二人がご夫婦で

新しいものづくりをされています。

https://soryu-gama.com/

 

 

 

柳宗悦やバーナードリーチが滞在したことでも世界的に知られる民藝の小鹿田焼き、

素朴な色合いと食材を引き立てる飛び鉋の技法が人気です。

 

そのルーツでもある小石原焼と、

かたや都の高級品とされていた青磁の清水焼がどのようにマッチして作陶されているのか気になる窯元ではありました。

 

今回は焼くまでの工程を見せてもらえます。

 

 

京都では土が取れないので、豊岡の磁器用の磁土を使っています。

その土を、空気を抜き整えるように練っていきます。

 

 

菊練り

これを習得するのに3年かかるそうです。

 

 

清水式、胡坐で右回りのろくろで作業するだんなさんと、

小石原式、座って左回りのろくろで作業する奥さん。

お互い、得手不得手の工程を協力して作陶されています。

 

 

湯のみの径と高さを計って同じものを作っていく職人技。

 

次に、飛び鉋の模様を付けるところを見せてもらいます。

 

使う道具は、ゼンマイ式時計から取り出したゼンマイの部分。

それを回るうつわに引っかけ、手ごたえで模様を付けます。

 

 

その間わずか2秒ほど。

ぜんまいの掛かる音を耳が捉えた刹那、均等に(でも均等過ぎない)

美しい飛び鉋が入った模様が目に入ります。

 

 

思っていた付け方と全然ちがった!!!

実際に見るととても面白い工程で感動します。

 

小鹿田焼きより少し優しく、スタイリッシュで高級感を感じさせる小石原の雰囲気が、

青磁の艶やかな表情によく合っていると思います。

 

 

その飛び鉋が入ったあと、釉薬を染み込ませて焼いていきます。

みるみるうちに釉薬が染み込んでいき、さらっとした手触りになって不思議です。

 

 

 

青磁に鉄の多い釉薬を点描したオリジナル商品も素敵でした。

 

香港からのお客様も熱心に質問されていました。

 

普段、織物ばかりしている身としては他分野のものづくりのなんと刺激的なことか。

 

そして飛び鉋の様に、見せられる華のある製作工程があることが羨ましい。

 

 

蘇隆窯のご夫婦の説明はとても分かりやすく、

商品も洗練されていて買いやすい価格でしたし、

普段使いや贈り物にちょうど良いうつわだと思います。

 

アクセサリーや陶芸教室もされていたので、

また折りを見て伺いたいと思います。

 

デザインウィーク京都、思いがけない出会いがある良い機会です、

3/1までですので是非お出掛けください。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


京都御苑の梅

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 今年の冬は、気温の高い日が続きます。

 

 京都御苑の梅も盛りを迎えています。

 

               

 

 梅林も大勢の人でにぎわっています。

 

                   

 

                   

 

 紅梅や白梅、様々な種類の梅があります。

 

                   

 

 メジロも嬉しそうに飛んでいます。

 

 桃林は、つぼみも膨らみ、間もなく開花しそうです。

 

                   

 

 まだまだ、おととしの台風の爪痕が残り、桃の木も倒れたのか、小さな木が植えられていました。

 

 まだまだ、倒木の処理があちこちで進められていて、改めて、台風の被害の大きさを思い知りました。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


会社帰りの立飲みコース

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:京都

西村です。

 

機織で根詰めた後はたまにぱーっと飲んで帰りたいものです。

 

京都は今色んなバブルが来てますが、安くて美味しい立飲み屋さんも増えています。

会社から南へ下る道にもたくさんあって、いつもふらっと寄りたい気持ちになります。

 

まずは堀川商店街の鳥岩さん

以前は古びた鶏屋さんでしたが元料理人の御主人が見事活気ある飲食店に昇華させました。

https://kyotopi.jp/articles/FMZwM

 

 

ここのから揚げが好きです。

甘くて不思議な風味。

 

続いて府庁前、魚菊

https://kyotopi.jp/articles/0sMKs

 

鳥岩さんは鶏屋の立飲み、こちらも魚屋さんの立飲みなのでどちらも安くて美味しいです。

千円で九頭竜のお銚子1合付けて刺身で飲めます。

 

こちらも500円でお酒付き

フグ皮ポン酢なんかも付いてて良いです。

 

牡蠣フライ230円

 

ししゃもなんかも1匹50円〜焼いてくれて、

付近のサラリーマンのオアシスですね。

 

 

最後に気になっていた新店、夷川餃子なかじまで〆ます。

が、行列でした。

全体的に若い子が来ています。

https://kyotopi.jp/articles/YkUky

 

 

若い子に受ける理由、それは多分このグラスかと思います。

 

グラスひとつひとつに芸能人の名前が書かれていて、それが何となく面白い。

パクチー乗せ茹で餃子

 

 

餃子ももちろん美味しいですが、ここまで並ぶ事を考えたら王将で充分かなぁと。

味も雰囲気も若向けですが、

やっぱりこのグラスの仕掛けがSNSで受けている様子でした。

 

 

何でも仕掛けは大事ですね。

お客様がこれで楽しんで帰るなら充分そこに価値があるのだと餃子屋さんから学びました。

 

ここまでのお会計、ひとりあたり一軒1000円×3軒で3000円也

せんべろが京都に増えてくれるのは嬉しいです。

 

観光の方々も、懐石も良いですが意外と京都らしいお酒やアテに出会えるかもです。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM