滋賀県東近江市へ

JUGEMテーマ:グルメ

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 私の生まれた熊本県には平家の落人の里と言われる五家荘(ごかのしょう)という山里があります。

 

 それとよく似た名前の、五個荘(ごかしょう)という町が滋賀県にもあり、近江商人の発祥の地として有名です。

 

 その町にいい雰囲気のお店があるので、ということで、普段なかなかお会い出来ない方達とお食事会をすることになりました。

 

 バスを降りて民家の間の細い道を行くと、ひっそりとそのお店がありました。

 

              

 

 湖香六根(うかろっこん)

 

                    

 

 

                    

 

 琵琶湖の魚と地元の野菜、無農薬野菜や有機栽培の野菜と発酵食品、地元の酒蔵の日本酒、のお店です。

 

                

 

 建物は築180年の秀明庵。

 

                

 

 古さを残しつつ、使いやすいように新しく直してあり、緑あふれるお庭は新緑がまぶしい感じです。

 

                

 

 お料理は、少しずつ、珍しいものが出てきます。

 

                

 

 発酵食品と言っても、様々なものに漬けてあり、味わい多彩なメニューで、盛り付けも器もとても綺麗です。

 

           玉子豆腐

               

 

            発酵食品

               

 

            ニゴイの落とし

                   

 

          お米のポタージュ

                   

 

              琵琶湖のモロコの唐揚げ

                   

  

              地元野菜と赤コンニャク

                   

 

          古代米のおにぎりの出汁茶漬け

                

 

             プリン

                   

 

 

 また、東京からここのお酒を目当てに来られるお客様がある、と言われるのも納得できる、地酒の美味しいこと。

 

                

 

 近くに酒蔵がたくさんあり、酒米違い、酵母違い、醸造所違い、で香りも味もいろいろと違い、見たことのない銘柄や限定品ばかりです。

 

 そのお酒に合う酒器を選んでもらって、飲み比べることができるので、みんなでアレコレ選んで、味見しあって、とても盛り上がりました。

 

 書道の先生のいくつかの教室から参加した生徒の集まりだったので、初めてお会いした方も多かったのですが、お酒も入ったせいかすっかりみんな打ち解けて、話が弾みました。

 

 先輩から書道指導も受けることが出来て、お箸を手に、筆の動かし方を習ったりしてもうすぐ提出の作品に生かすことができそうです。

 

                 

 

 お店の少し離れたところに近江商人屋敷の街並みを散策できる観光ゾーンがあったのですが、今回は時間がなくて行くことが出来ませんでした。

 

                 

 

 書道の博物館も少し離れますが行けなかったので、もう一度、今度はレンタサイクルを利用して、この街を楽しもうと思っています。

 

 楽しい休日を過ごすことが出来ました。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


ノリタケの森

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 トヨタ産業技術記念館の帰りに隣のノリタケの森へ行ってきました。 

 

               

 

 ノリタケの歴史のコーナーで、孫は一所懸命見ていて、これ何?これ何?質問ぜめで爺爺はタジタジです。 

 

                   

 

 100年以上前からの食器作り歴史を見られて良かったです。 

 

                   

 

 陶器の材料コーナーからは、撮影禁止の札がかかっていました。ここから流し込み成形による製造工程がありますが、孫は興味津々です。

 

                   

 

 赤煉瓦建築110年前の建物は、今もスタイルショップで活躍中です。  

 

                   

 

 でも、孫が、うれしかったのは、建物周りに咲いた花々です。お気に入りです。

 

                   

 

 煙突ひろばのモニュメント6本煙突前で記念撮影をしました。

 

                   

 

 85年前のトンネル窯の跡です。 

 

 ここの前は、広場になっていて孫たちは、走り回っていました。 

 

                   

 

 時間が有れば、絵付け体験ができたのですが、これは次回に!

 

 楽しい一日でした。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


トヨタ産業技術記念館2

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 午前の織物関係、午後から自動車館へ、自動車誕生時の苦労話しをパネルや自動車の模型を使ってのの展示です。 

 

                  

 

 一台一台木型にあわせて手作りで完成させたトヨタ初の乗用車 

 

                  

 

 トヨダスタンダードセダンA A型 

 

                  

 

 これもテレビドラマであった国産トラック   トヨダトラックGI型1935年

 

                  

 

この他、手前には歴代の名車がずらり、奥は生産技術変遷コーナーです。見る価値有りです。 

 

                  

 

 創業期は小さな町工場が今や世界規模まで発展した、そこには日々研究と創造の精神とモノの大切さが受け継がれているんですね。 

 

                   

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


トヨタ産業記念館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 名古屋のトヨタ産業技術記念館に行ってきました。

 

 製造部の俣野です。 

 

 円形な環状織機が入口でお出迎えです。

 

                    

 

 回転円運動で布を織り上げる織機ですが約100年前の機械がいまだに健在です。

 

 まずは我々も身近な自動織機も元々これが原点、構造的には今も昔も変わらないし機械音も90年の歴史を感じました。

 

 自動織機の原型が足踏み織機、ここから動力を使って発展した。

 

                    

 

 またスクイ機や空力機、機道具など沢山あるので半日くらいでは回れませんでした。

 

                    

 

                    

 

 糸繰り機や整経機

 

                    

 

 空力機の模型展示品

 

                    

 

 製造業を仕事にしている人には是非お勧めします。

 

 モノづくりの大切さを本物の機械で学んで欲しいと思います。

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


潮屋さん〜常神半島

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

 営業の山田です。

 

 連休に娘夫婦と孫とで、いつも11月に行ってた常神の潮屋さんへ行ってきました。

 

                     

 

 とても天気もよく絶好のドライブ日和です。

 

                     

 

 海の景色も大変綺麗でした!

 

 今回は魚釣りが目的だったんですが、一匹も釣れなくてがっかりです。

 

 あとで聞いたんですが、小鰺は、早くても七月に入らないと釣れないそうです。

 

 そうなると後の楽しみは、夜の海の幸です。

 

 豪勢な船盛二つです。

 

                     

 

                     

 

 美味しい日本海の、タイにヒラメ、カンパチ、甘エビに、アワビそれに、モンコイカと盛りだくさんで、とても全部は食べきれませんでした。

 

                     

 

 すいません!モンコイカ写真撮るの忘れました。

 

 孫が、食べるには無理ですね!もう少し大きくなったら、又行こうと思います!

 

 ご馳走様でした。 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。


鳥取 タルマーリー

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:マーケティング

西村です。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

鳥取、佐用ICを下りて智頭の方へ。

元保育園を改装して作られたお店、タルマーリーがあります。

https://www.talmary.com/about-us

 

 

千葉から岡山、そして鳥取へと場所を変えながら今の場所へ。

自家製酵母と国産小麦でつくるパンが食べられます。

簡単な天然酵母で焼いたパン屋数あれど、こちらの本気度はちょっと違って、

より良い水や環境、地域で循環できる場を求め今は麹菌を採取し、ビールも作るまでに。

 

 

一言で説明できません、本も出しているので詳しくはそちらを。

https://www.amazon.co.jp/%E7%94%B0%E8%88%8E%E3%81%AE%E3%83%91%E3%83%B3%E5%B1%8B%E3%81%8C%E8%A6%8B%E3%81%A4%E3%81%91%E3%81%9F%E3%80%8C%E8%85%90%E3%82%8B%E7%B5%8C%E6%B8%88%E3%80%8D-%E6%B8%A1%E9%82%89-%E6%A0%BC/dp/4062183897/ref=pd_cp_14_1?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=EFPKXGPR2NCTWWTJBH7F

 

働き方が問われる今、ここにヒントがあるかも知れません。

 

しっかりと農学を学んだ二人が「腐らないパン」に疑問を抱き、

「ちゃんと腐る」パン、ひいては腐る経済を目指す。

きっと、理想の循環がそこにはあるのでしょうか。

私もこれから読みます。

 

さて、お店の方ですが、イートインできます。

焼きたてピザやバーガー、勿論自家製ビールも。

 

 

GWということもあって、お店にはたくさんのお客さんが来ていましたが、

元保育園なので部屋はいっぱいあるし庭には遊具もあり、広々としています。

 

ピザは生地が柔らかく、粉の甘みも感じて満足でしたが、

帰りがけに焼きたての食パンがあったので半斤食べました。

 

 

これを食べずに帰らなくて良かった、と思うほどタルマーリーを象徴するようなパン。

小麦に負けない天然酵母のたくましい力と味。

確かにこんなパンを作っていたらビールも作りたくなると思います。

 

少し前の美術手帖にも載っていたタルマーリー。

比較的メディアへの露出は多いかと思います。

今後の展開にも注目です。

 

https://greenz.jp/2016/10/21/talmary_2016/

 

 

 

 

 

 

 

 


島根の民藝 出西窯、コションドール出西

JUGEMテーマ:旅行

JUGEMテーマ:グルメ

西村です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

島根県出雲市、出雲大社から車で25分くらい行くと窯元があります。

出西窯(しゅっさいがま)

昭和22年創業、モリス、河井寛次郎、浜田庄司などに影響を受け、また河井寛次郎には指導も受け、

柳宗悦、バーナードリーチも来訪し優れた民藝品を多く制作してきた窯元です。

https://www.shussai.jp/

 

工房や登り窯は見学自由です。

広いです。ものづくりの息遣いを感じる、暮らしに根差した良いものが作られている活気を感じます。

西陣にも欲しい、この空気感が。

 

作品が買えるお店が隣にあります。広々とした店内にたくさんうつわが並んでいます。

 

土の密度を感じる、深さが良く出た色が美しい焼き物が特徴です。

鳥取の民藝陶器の中では比較的お求めやすく、

デザインも洗練されているので若い人も多く購入されていました。

 

 

出西織りというのもありました。

また調べてみたいものです。

 

今回の目的はこの窯を見ることと、

同じ敷地内に友人がベーカリーカフェをオープンさせるにあたって、この連休にプレオープンをすることでした。

 

窯の裏は田んぼだったらしいですが、埋めて立派なお店が出来ていました。

 

友人は鳥取の有名ブーランジェリー、コションドールのオーナーシェフで、

鳥取で数店舗パン屋を経営していますが、友人でもあった出西窯の窯元から依頼を受け

数年かけて今回オープンに至りました。

 

 

プレオープンですが多くの方々がパンを求めて来ていました。

並べてもすぐ無くなってしまいます。

コションドールのパンは生地がもっちりでとても美味しいです。

京都に出店しても流行りそう。

 

 

カフェのカレーも辛くて美味しかったです。

 

人が集まる新たな場所になりそうです。

宿泊施設の計画もあるとか。

 

知名度があまりない窯元や地方の民芸品に活気が出ることは良いことです。

京都は、西陣は長年あぐらをかきすぎました。

反省すべき点がありすぎて元に戻れないかもしれません。

 

今回の旅を通して何かフィードバックできること。

すぐに実現できなくても、少しずつでも意識から変えることを大切にしていきたいものです。

 


叶匠寿庵〜寿長生の郷

JUGEMテーマ:旅行

西村です。

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリックして頂けるとうれしいです。

 

滋賀県石山駅から南の山奥、立木観音よりもさらに奥。

和菓子で有名な叶匠寿庵の施設「寿長生の郷」があります。

 

今や飛ぶ鳥落とす勢いのたねやラコリーナが参考にしたという話もあります。

瀬田川沿いの桜はまだつぼみでした。

 

山を切り開いた広大な敷地に植えられた梅の花が咲く季節になると毎年梅まつりが開催されます。

 

車は駐車場が行列でした。

石山駅から無料バスが出ています。

 

白梅が満開で、数が多くきれいな景色でした。

京都の観光地の様な感じとはまた違い、里山の梅は何とも心安らぐ風景です。

 

 

入場無料で、梅を見ながらお弁当を食べても良いので、滋賀の懐の深さを感じます。

外国人観光客も居らず、ゆったりとした里山の空気を楽しめます。

 

 

広い施設内はお愉しみも多く、散策することができます。

昨年オープンした「野座」叶匠寿庵のあんこを使ったあんぱんなどが名物のパン屋さん。

 

二階はカフェになっていて行列です。

 

材料が厳選されていて美味しいパンがいっぱいでした。

 

ヤギが放牧されていたり、紙漉きや陶芸体験もできて、

もちろん叶匠寿庵のお菓子も買えます。

子供さんもたくさん来ていました。

 

 

 

 

 

 

 


和歌山

JUGEMテーマ:旅行

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

 

 木村晋弥です。

 

 休日時間が有ったので和歌山まで行ってきました。

 

 和歌山城です。

 

                

 

 虎伏山(とらふすやま)に白亜の天守閣がそびえ、徳川御三家の威容にふさわしい、威厳を称えています。

 

 石垣も、時代の変遷とともに「野面積み」等3種類ほどあり綺麗なお城です。

 

                

 

 ボランティアで城を案内してくれた方に教えてもらったのが、テレビ「ナニコレ珍百景」でも紹介された、石垣を上っているように見える根っこです。

 

                   

 

 有名な「井出商店」で、和歌山そば を食べて

 

               

 

 みかんを買って帰りました。

 

 新春のほんのひと時でしたが、充実の一日でした。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。


和久傳の森へ

JUGEMテーマ:美術館

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けると嬉しいです。

 

 木村葉子です。

 

 京都府の西北部、京丹後市の久美浜にある、和久傳ノ森へ行きました。

 

                

 

 和久傳と言えば、京都市内にある高級料亭。なぜここに?と思いましたら、もとは、久美浜から出たお店だったそうです。

 

 和久傳ノ森は、周りにほとんど建物がない静かな所にひっそりとありました。

 

               

 

 でも、2017年今年の6月にオープンして、3ヶ月で10万人もの人が訪れた、という人気スポットでした。

 

 知らなかった。

 

 2007年から建設、森を作るために56種類3万本の樹々を植え、10年かかってのオープンだそうです。

 

                  

 

 その和久傳ノ森にあるのが、水彩画家安野光雅の美術館、森の中の家です。

 

                

 

 入って行くと豊かな樹々の中、スッキリと何も無いアプローチが美術館へ導いています。

 

                

 

 もう枯れた色ですが、オープンの頃はきっと青々とした芝生が迎えてくれたことでしょう。

 

                

 

 森の中の家は、建築家安藤忠雄の設計によるもの。

 

                

 

 コンクリートの長い回廊はいかにも安藤忠雄です。

 

               

 

 美術館も、シンプルでモダン。

 

               

 

 美術館からレストランを見る景色も計算された美しさでした。

 

               

 

               

 

 安野光雅の水彩画は、洛中洛外というテーマで、京都市内や、美山とか、久美浜とか、京都府内の情緒あふれる景色を描いたものでした。

 

 昔から絵本で馴染みのある暖かい色彩を、久しぶりに原画で目にすることができ、懐かしい気分もしました。

 

 結構沢山のお客様でした。

 

 レストランでは、和久傳ノ森で栽培しているものや地元の食材を使ったお食事を楽しむことができます。

 

                  

 

 京都市内の料亭ほど高くは無いし、空気もきれいな、とれたての食材で作られているのできっと美味しいことでしょう。

 

 これから日本海側は、真冬を迎えてますます厳しいお天気になりますが、春になると、和久傳ノ森もきっとは花も咲き乱れて美しい森の姿になると思います。

 

                

 

 また、季節を変えて行って見たいと思いました。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けると嬉しいです。


calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM