仕覆とお茶碗


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 荷物が届いて、何だろうと開けてみると・・・

                 

 素敵な仕覆に包まれた、お茶碗が入っていました。

                 

 仕覆の裏地も凝っています。

                 

 組紐もいいですね。

                 

 もちろん、お茶碗も今の季節にぴったりです。

 早速、お茶を点てて、飲みたくなりました。

 お菓子を買ってこなくては・・・・

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

ドット・ミュゼ・クレヨン


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 意匠部の岩田絵理です。

 図案を描くのにさまざまな画材を使用しているので変わった物を見つけると使ってみたくなります!

             

 これは「ドット・ミュゼクレヨン」モネの絵画からイメージした色彩を ぎゅっと1本に閉じ込めたおもしろいクレヨンです。

 八寸帯の図案に使ってみました。

                  

 白や紫の上にミュゼ・クレヨンを乗せると 深みがでて油絵の様です。

                  

                  

 画材もアイデアを広げる重要なアイテムの1つです。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 

印籠と煙草入れの世界


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 今の時代、タバコを吸う人が随分少なくなったようですね。

 禁煙コーナーとか、禁煙席とか出来始めた頃からぐっと環境がかわり、今や、喫煙コーナーが隅っこの方に作られ、飲食店でも禁煙だったり、映画やドラマのシーンでも、たばこをふかす、という場面があまり見られなくなったようです。

 空気が汚れない、部屋が臭くならない、服に匂いがつかない、健康的、タバコ代がいらない、などタバコを吸わないことのメリットは確かに多いですよね。
 
 日本には天正年間(1573〜92)にタバコが渡来したそうです。

 それまで、武士の間に印籠という袋を提げる風習があり、中に印鑑や薬を入れていたようですが、煙草が日本中にはやりだし、煙草を持ち歩くのに、新しく煙草入れが大流行しました。

                                              

                                               

 印籠の細工も素晴らしいのですが、煙草入れは武士だけでなく、町人や、女性にも流行ったので、様々な趣向が凝らされ、素材も多様で、そんな本を見ていてもとても面白いものです。

                                       

 中には夏向きの女性持ちのセットなどあり、キセルはビードロで出来ている涼しげでオシャレなものです。

                                           

 武家の奥方のものなど、その姿を想像させてくれます。

 外国からも金唐革や更紗などは入ってきて、オランダ好みとか紅毛好みとか呼ばれるオシャレなものもあります。

                                                   

 大正時代頃まで盛んに作られていたようです。
 
 現代に置き換えると、携帯ストラップとか、携帯のカバーに凝るのと同じ感覚でしょうか。
 
でも、彫金や蒔絵、象牙の彫刻など名工が腕をふるい、技を磨き、粋でオシャレな煙草入れの文化は、煙草の良し悪しは抜きにして、素晴らしい美術品だと思います。

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

たたり


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 木村晋弥です。
 
 帯屋捨松では、色の数が非常に多くあるため全ての色を枠に繰って保管していません。

 スガから直接、管に巻いてメザシ(見本裂)を織っています。

 その為何回も使用していると、どうしてもスガが乱れてくる糸も出てきます。

                   

 
 その様な場合は枠に繰って保管するのですが、糸繰機では繰れない糸もあります。

 最後の手段、『たたり』を使用して糸を繰ります。

                   

 
 糸をたたりにセットして

                   

 
 片手で糸のもつれや糸どうしがくっ付いている所を直しながら片手で糸を繰っていきます。

                   

 
 先輩たちの最後まで糸を大事に使い切る知恵が今でも受け継がれています。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

大杼

JUGEMテーマ:着物 きもの

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 製造部、田中です。

 手機では、大杼(おおび)という、生地を織る糸を入れて動かす大切な部品があります。

                 

 木や竹や真鍮などを細かく細工して組み立てられた手作りのものです。

                 
 
 西陣織が隆盛を極めた時には多くの杼屋さんがあったらしいですが、今ではその需要の無さから数軒に減ってしまい、後継者も居ない状況にあります。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

握りバサミ


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 仕事には欠かせない握りバサミ。

 特にこの二本は自分の手に馴染み、入社した時から使い続けています。

               

 当時は今より錆びつき、切れの良くないハサミでした。

 新人の頃はまだ糸と道具の扱いがままなりません。

 恩師はあえてこの二つを使うようにと教えてくれました。
 
 始めは扱いにくいと感じたハサミも、使い方一つで切れることが分かり、次第に手に馴染んでいきました。
 
 お絹掃除をする時はハサミの切れ味がとても大事になります。一本の細い糸も一回でスッと切れないと、他の模様の糸を引っ掛けやすくなり、傷もつけやすく仕事がはかどりません。

 http://obiyasutematu.jugem.jp/?eid=1591
 
 毎日お絹掃除に携わっている方のハサミは使い込んですり減っていますが、錆がなく、しなやかによく切れます。

 聞くと時々自分で研いているとのこと。

 なので、ハサミの入れ方に迷いがなく動きに無駄がありません。自分もこれに近づけたいと思い、見様見真似で研ぐようになりました。

 研き後の試し切りで微調整を繰り返し、あのスッと切れる瞬間に出会えると、また大事に使っていこうという思いになります。


 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

拡大鏡

JUGEMテーマ:着物 きもの

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

製造部、田中です。
 
今日は、織屋には欠かせない道具のひとつを紹介します。
 
織り間違えた所の修理や、組織がどうなっているかを見る為の拡大鏡です。

                    

各種メモリが付いていて、用途に合わせて使います。

             

織屋はたいてい、鯨尺か曲尺を使います。
 
大小使い分けながら作業します。

                     
 
拡大された部分を覗き込んでキズの部分を針で直していきます。


人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 

鋏みの研ぎ

 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 田中です。

 裁鋏と握り鋏を研ぎに出しました。

 上が研ぎ前、下が研ぎ後です。

             


                

 よく使うものでも、湿気の多い梅雨や夏を越すと錆が付いて切りにくくなってくるので1年に一度くらい研いでもらいます。

 研いでもらった鋏は綺麗に鋼が出てよく切れるので仕事がはかどります。 

 馬鹿と鋏は使いようと言いますが、腕の良い職人さんは錆びてる鋏も器用に使います。

 私では到底切れない鋏を使って切っていた職人さんを見た時は驚きました。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


駒箔

 
人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 田中藍です。

 整理するために駒箔を広げています。

 色のついた箔や、金箔は駒に巻かれているものもあり、用途によって使い分けています。

 これらは、紫の駒箔です。

   

 全色からするとホンの一部で、紫だけでも何色もあります。

 金糸職人さんによる手作りです。

   

 帯の柄の中でよく見ると、キラッと光ったり、濃淡がみられるものは、この駒箔が使われています。

 でも・・整理にも一苦労です・・・

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ


丸いす


 人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ←よろしければクリックお願いします。

 今西です。先日、京都高島屋6階の木製品の特設売り場を偶然かかったところ、この丸いすに惹きつけられて、購入しました。

                

 すると、最後にお手入れして、きちんと磨いてからお渡ししたいとおっしゃったので、翌日に取りに行ったら、本当にツヤツヤに磨いてくださり、お嫁入りの準備が整っていました。

 お気に入りの袋帯と一緒に撮影してみました。

               

 上に乗っている小物入れは、いすを取りに行ったときにまた購入してしまいました。

           

 前日に、母も気に入っていたし、何と言ってもこの蓋の自然にできたとは思えないような模様が最高です!!

              

 作っておられる方と色々お話していると、モノを作る楽しさや、決して儲けだけのために売っていない姿勢、または、お客さんに喜んでもらい、大切に使ってほしいと願っておられるのが、ステキだと思いました。

 閑話休題

 やはり、実際に作り手が売るというのはとても大変なのだけど、作り手だからこそきちんと説明して行くこともできるし、お客さんに直接伝わることはものすごく多いし、モノづくりとしての深みもあるので、帯もそのようにじっくり説明し、語らいながら、本当に気に入った方に購入していただくのが、理想なのかなと考えさせられました。

 話の中で、呉服業界は作り手も売り手も、きものを着ていないのが不思議だとおっしゃっていました。教育の場でも生活の場においても、どんどんきものを着る習慣を作ったほうがいいし、ましてやお金を払って着付けを習う時点で違和感があるとも言っておられました。

 自分たちもどんどんきものを楽しく着て、共感できる方々に帯をお勧めしたほうがいいのでしょうね。

 あとは、これからは海外に目を向けないと厳しいのでは?とも。海外の方のほうが、日本文化に興味があるからそっちにアピールしていったらどうなのか?ともおっしゃっていました。

 難しいですが、前に進むのみですね。

人気ブログランキングへ  にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ




calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM