コーヒーハウスナカザワのカレー

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

JUGEMテーマ:グルメ

JUGEMテーマ:京都

西村です。

 

本格的なスパイスカレー、欧風カレーなど色々ありますが

喫茶店カレーも重要なひとつのジャンルだと思います。

 

色々美味しいお店ありますが、今回は北山のコーヒーハウスナカザワへ。

 

北山下鴨中通りを少し北東へ入った住宅街にあります。

 

店内はレトロ感はありませんが落ち着く空間です。

カレーは普通でご飯が500g!

小でご飯270g

大ならご飯750g・・・!

 

小でも大盛りですが。

 

(お店の写真借りました)

右は普通(!)

 

今回はカレーともう一つの人気メニュー、オムレツライスも頼んでみました。

 

 

こちらは普通サイズ=普通の量です。800円

ご飯と卵が混ざっていて具はミンチと玉ねぎで優しい味わいです。

 

 

そしてカレー(普通)850円

お皿の直径は33cmらしいです。

ひとくち食べてみて「甘っ!」

果物の甘さか、甘くてコクのある旨さを感じ、飲み込む頃に「辛っ!」

辛さとスパイシーが時間差で追いかけてくる感じです。

美味しいです。

飽きずにどんどん食べられます。

女性一人で辛さに弱く完食が厳しそう人にはオムレツライスにカレーがけのオムカレーもおすすめされていました。

 

カレーにはチョコレート2個が付いています。

これでコーヒーに誘われ至福の時が完成しますね。

https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/yoko-nagao/16-00225

 

 

食べたからには動かねばと、深泥池を登って宝ヶ池公園の京都府警平安騎馬隊を見学して帰りました。

 

池周辺には野生のシカもいました。

人馴れしていて、

安易に近づくと噛まれそうでした。

 

 

 

 


2018年01月23日のつぶやき


摺箔〜天平ぶどう文

JUGEMテーマ:着物 きもの

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

 

 営業の山田です。

 

 今回は私の大好きな、一押しの袋帯のご紹介です。

 

 摺箔の天平ぶどう華文です。 

 

                     

 

 この摺箔の帯は、時代がたって箔が剥落した感じを、引箔で表現した織物です。

 

                  

 

 表面がかすれたような濃淡のある箔をいかすために、細いつむぎ糸に引箔や駒箔などで織っているので、大変軽く、しなやかで締めやすい帯に仕上げています。

 

 色違いです。 

 

                     

 

                  

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。


書道展を見に

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

大阪天王寺にある、阿倍野近鉄まで、書道展を見に行きました。

 

               

 

 M書道会の関西代表作家展で、先生の作品を見つけました。女性の先生ですが、いつも勢いのある力強い、男前な印象を受けます。気持ちがいい作品です。

 

                    

 

 いろいろな作品があります。

 

                    

 

 前衛的な物、

 

                    

 

 長い縦の軸に横書きの物、

 

                    

 

 絵のような作品、どれも面白いです。

 

 ちょうど、作品説明の時間となり、お話を聞いてみることにしました。男性の先生のお話です。

 

                

 

 この先生の書道の原点は、高校の授業で、ただ一生懸命に書いた字を提出した時に言ってもらった「君、上手いね」の一言だったそうです。

 それまで、書道を習ったこともなかったのに、それをきっかけに毎日毎日字を書くようになり、一週間に2000枚書いたこともあったとか。

 

 でも、無心に書くことの難しさを実感されているそうです。

 

 また、書道の作品は「読もうとしない!」とのこと。

 

 全体の美しさ、流れ、伝わってくるものを感じるだけでいい、と。

 

 読もうとするから、難しく感じるんです、見るだけでいい、と。

 

 そのあと、ハガキ大の紙に干支の犬をテーマに、いろんな年代の一般の人が書いたコーナーへ行きました。

 

               

 

 幼児から、小学生、中学生、高校生、大人、さまざまな、犬、イヌ、戌、いぬ、inu.の書が並びます。

 

                  

 

 先ほどの先生の言葉を思い出します。

 

               

 

 無心に、一生懸命に書いた、幼児の字は、不思議に伝わってくるものを感じました。

 

 仕事でも、筆を使って色を塗りますが、何とも気持ちがいいものです。滲んでいく色、染み込んでいく絵の具、紙との相性、線と面。

 

 書道を始めると、筆の扱いの難しさをとても感じます。

 

 筆の動きを待って向きを変えたりします。

 

 でも、やはり思うように書けると、とても気持ちがいい。それが、ペンや印刷にない、快感です。

 

 今年もお稽古頑張ろ!

  

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。


尾鷲 便石山登山

JUGEMテーマ:山行記録

西村です。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

 

尾鷲二日目。

熊野三山へはまたの機会にして、好天を活かしてこの日も山に行くことにしました。

朝ご飯をしーっかり食べて出発です。

 

昨日の天狗倉山のちょうど裏手の便石山(びんしやま)599mです。

私はこの山でやりたいことがありました。

登山者が投稿した写真で、岩の上でジャンプしているものが多かったので私も新年の行事としてやってみたかったのです。

 

調べてみるとここらでは、ずるをする事を「ボケする」という方言があるらしく、

ショートカットして登山する道を「ボケシィコース」と言い、コースの案内があったので、

便石山をボケシーコースで登ることに。

 

作業用林道を行くとはしごで登山口がかかっているのでここから入ります。

 

 

 

正規登山道に出るまでは道なき道を進まなくてはいけません。

前日の筋疲労が堪えます・・・

 

やっと登山道に出て、整備された階段を上りますがけっこう傾斜がきつくて辛いです。

 

頂上を過ぎ、少し下ると「像の背」と名の付いた大きな岩に着きました。

恐る恐る出てみますが、なんと三方絶壁でへっぴり腰にならないととても居られません。

 

正面には昨日登った天狗倉山。

像の背、本当に像みたい・・・

 

 

ジャンプして撮影なんてもってのほか、立つのがやっとで、先端にも行けず、

視線を岩から外すことが出来ません。

下や遠くを見ると一気に恐怖が襲ってきてパニックになるでしょう。

 

600mそこらでも海がはっきり見えるというのはこんなにも高さを感じるものかと思いました。

それでも、この景色が見れて良かったです。

 

後から来た女性3人は臆することなく撮影を楽しんでいました。

ケガ人が出ませんように・・・

 

 

 

 

 

 


おちょぼ岩へ

JUGEMテーマ:山行記録

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

西村です。

 

天狗倉山で出会ったおじいさんに教えてもらい、おちょぼ岩を目指します。

私達がおちょぼ岩だと思っていたのは山頂の岩で、おちょぼ岩は更に隣の山にあるらしいのです。
それはカンカケ山(494m)という尾鷲湾へ突き出た山の上にある岩です。

 

案内の通り進んで行くと、NHKの電波塔がありその脇を進むと登ったり下ったりで尾根を歩いて行きます。

途中、違う登山道から上がってきた人にもすれ違います。

この辺りは尾鷲トレイルコースもある様で、色んな道が豊富にありそうです。

 

少し疲れもあり風景も変わらないので写真はあまり撮ってません。

 

最後にグッと登るともうおちょぼ岩です。

目の前に海が広がりました。

木の間から岩が出ていて少しスペースがあります。

天気が良く空気が澄んでいたので英虞湾の方まで見えました。

「思いがけなく日本は広い」という言葉を思い出します。

 

私はこの辺りがリアス式海岸になっていることを知りませんでした。

今自分がどこに居てどのあたりが見えているのかをgooglemapで見ながら確認します。

 

左下に見えるのは白石湖というのか、何か養殖している、真珠ではなく牡蠣なのか。

海とつながっているから汽水湖かなぁ、近くで見てみたいし牡蠣を食べに行ってみたい・・・

 

などと、不思議な地形は見ていて飽きません。

 

反対側は湾の外に太平洋が広がっています。

日本海とは違う気候、海の色。

 

 

岩に水たまりがあり、カチコチに凍っていました。

天気が良く陽射しは暖かでも真冬です。

低山とはいえ安全に帰ってこその登山です。

 

来た道を戻り、登山口まで帰りました。

7.9km5時間43分でした。

こちらに天狗倉山〜おちょぼ岩の写真が豊富なブログがありました。

http://takachann.blog.fc2.com/blog-entry-133.html

 

たくさん動いたご褒美に海の幸を頂きました。

 

新鮮な美味しいお魚でした。

 

 

 


尾鷲 熊野古道〜天狗倉山登山

JUGEMテーマ:山行記録

 

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

西村です。

 

熊野古道を歩いてみよう、という事で尾鷲へ行きました。

伊勢路になりますが、馬越峠(まごせとうげ)コースが人気でそこそこボリュームもあるという事でそのコースにしました。

10:20スタートです。

42号線登り口から入ります。バス停もあります。

すぐに熊野古道の雰囲気満点の石畳になりますが、長く続く登りです。

夜泣き地蔵などを過ぎ進むと可涼園桃の句碑がある馬越峠に到達(325m)

ここでは遠くに八鬼山が見えます。八鬼山は伊勢路西国一の難所と呼ばれた場所です。

展望はあまりないので、ここで左折し天狗倉山(てんぐらやま)方面へ。

まっすぐ行くと展望公園やカフェがあるみたいです。

 

 

なんでも大きい岩からの眺望が絶景だとか。

山頂に近づくにつれ巨岩がゴロゴロ・・・何故こんな山上にこんな大きな岩がたくさんあるのか不思議です。

 

急登を越えると眺望が開けます。

足がすくむ程の景色なのですが、この後もそういうポイントは続きます。

ここでは尾鷲市内と尾鷲湾が一望できました。

 

12:00ちょうど正午だったのでご飯にしました。

市内からは12時のサイレンが聞こえ、大きな火力発電所や山々を繋ぐ電線、港に入る釣り船など

今まで来たことがなかった尾鷲の様子を見ながら。

 

めはり寿司がこの辺の郷土料理であることも今まで知りませんでした。

尾鷲のさんま寿司も美味しかったです。

 

 

お腹を満たした後はすぐ後ろの天狗倉山山頂へ。

これまた巨岩に鉄はしごで上がります。

下には祠があり役行者さんが祀ってあります。

 

 

522mですが周りが低いので爽快感があります。

遠くに白く大台ケ原が見えました。

http://www.kodo.pref.mie.lg.jp/assets/download/map_08.pdf

岩の上で足がすくみこれ以上行けない、としゃがんでいると地元のおじいさんが話しかけてくれ、

高所での岩の歩き方を教えてくれて「景色が違うから」と太平洋が大きく望める岩の上に連れて行ってくれましたが、

そこに居ると血の気が引いてきて景色を楽しめませんでした((;^_^A

 

そのおじいさんが「おちょぼ岩へ行くといい」とおすすめスポットと行き方を教えてくれました。

ここから40分ほどで行ける絶景スポットがあるらしいので、行ってみることにしました。

 

 

 

 


雅風展

JUGEMテーマ:盆栽

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

製造部の俣野です。

 

雅風展に行ってきました。

 

 

全国各地の盆栽愛好家の作品を毎回楽しみにしています。

 

京都市長、角川大作氏の特別出品作品です。

 

掌上の芸術作品と言われている小品盆栽はいつ見ても良いですね。

どの作品も長い年月かけて丹精込めて作られておりただただ脱帽です。

 

 

抽選では今年もカレンダーが当たりました。

良い歳になりそうです。

 

 

 


孫と嵐山散歩

JUGEMテーマ:グルメ

人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

製造部の俣野です。

 

久しぶりに孫と嵐山へ行きました。

 

 

今回の目的のひとつ、アリンコで抹茶づくしのロールケーキを買いました。

 

 

付近を散策します。

まずは天竜寺へ。

朝一でも外国の方が多く、色々な言葉が聞こえてきます。

 

嵐山から嵯峨駅まで歩いて、途中で中村屋さんのコロッケを買いました。

 

 

熱々で美味しいです。

 

帰って抹茶づくしを美味しくいただきました。

 

 

 


初釜〜武者小路千家・官休庵

JUGEMテーマ:京都

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。

 

 木村葉子です。

 

 習っている流派は違いますが、お家元とのご縁で、今年も武者小路千家の初釜に行くことになりました。

 

                   

 

 官休庵の前でパチリ。

 

                   

 

 先日の着物に、袋帯を元和小袖の柄に替えてみました。

 

                   

 

 お茶席は撮影を遠慮しました。

 

 薄茶席のお軸は、蘆雪の犬のお軸、香合も犬でした。濃茶席は、お家元の楽しいお話を聞きながらの、和やかなお席で、お道具も立派なものばかりで、眼福でした。

 

 お茶の後は、別のお部屋へ。

 

 その下のお部屋の床飾りには、ワンワンと声が聞こえてきそうな、犬たちが大集合です。

 

                 

 

 中には懐かしい、あのビクターの犬もいました。

 

                    

 

 点心席は、とても美味しく、いつものからすみ餅のお雑煮もあたたかく、珍しい、十六島(うっぷるい)海苔がお餅に巻いてありました。

 

                

 

 島根県の特産品だそうです。採取がとても大変な貴重な海苔です。

 

                

 

 松平不昧公のお話なども聴きながら、ありがたくいただきました。

 

 干支にちなんだ今年の杯は、笑語杯といい、竹と犬の組み合わせです。竹の光っているところは、かぐや姫を表しているそうです。

 

                 

 

 笑いに包まれる一年となりますように。

 

                 

 

 お楽しみの福引で、なんと、梅の賞品が当たりました。クジ運の悪い私にはとても珍しいことです。うれしい!

 

                  

 

 

 お家元の色紙、「四時春」しいじのはる、と読ませるようです。

 

               

 

 しいじとは、四季の意味。

 

 もっと深い意味があるような気がするので、もう少し調べてみます。

 

 今年も良い年になりますように。

 

 

 人気ブログランキングへ にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ←クリック頂けるとうれしいです。


calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
人気ブログランキング推移
にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装(教室・業者)へ
にほんブログ村
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM